【高校野球】立教新座の野球部コーチに元プロ野球・鈴木康友が就任

立教新座の野球部コーチに元プロ野球・鈴木康友が就任

埼玉高校野球界に元プロ野球選手がコーチとして就任する。

立教新座は2018年10月30日、中学・高校の野球部コーチに、鈴木康友氏が就任したと発表した。

鈴木氏は、天理高校から1978年ドラフト5位で読売ジャイアンツに入団。その後、西部ライオンズに移籍後、1991年の日本シリーズでは日本一に貢献。1992年現役引退後はプロ野球コーチに就任していた。

立教新座は、1985年全国高等学校野球選手権大会に出場。2008年の全国高等学校野球選手権記念南埼玉大会では準優勝、2018年の秋季埼玉県高等学校野球大会ではベスト4という成績。

鈴木康友氏プロフィール

1959年7月6日奈良県生まれ(59歳)。

<選手歴>

天理高等学校
読売ジャイアンツ(1978-1984)【ドラフト5位】
西武ライオンズ(1985)
中日ドラゴンズ (1986-1990)
西武ライオンズ(1990-1992)

<監督・コーチ歴>

西武ライオンズ (1993-2000) 一軍守備・走塁コーチ
読売ジャイアンツ (2002-2003) 一軍守備・走塁コーチ
オリックス・ブルーウェーブ (2004) 一軍守備・走塁コーチ
茨城ゴールデンゴールズ (2005-2006) コーチ
富山サンダーバーズ (2007-2009) 監督
埼玉西武ライオンズ (2010-2011) 二軍守備・走塁コーチ
東北楽天ゴールデンイーグルス (2012-2014) 一軍内野守備・走塁コーチ
福岡ソフトバンクホークス (2015-2016)二軍・三軍内野守備・走塁コーチ
徳島インディゴソックス球団(2017)野手コーチ

スポンサー リンク