【試合速報・結果】龍谷大平安 9-1 盛岡大付 センバツ高校野球2019/注目選手【甲子園】

龍谷大平安 vs 盛岡大付 センバツ高校野球

龍谷大平安9-1盛岡大付(終了)
盛大000 010 000=1
平安300 003 21X=9
【平】野沢【盛】木内、阿部、大谷

龍谷大平安が盛岡大付に9ー1と快勝し、3年ぶりの8強入り。エース野澤が強力打線からヒット12本を浴びるも、犠牲フライによる1点に抑え込んだ。打撃では、ヒット合計13本を放ち、着実に得点を重ねた。盛岡大付は、1回戦・石岡一戦で155球、延長11回を投げきったエース阿部秀俊に代えて木内優成が先発。しかし初回に満塁ピンチを招くと、3失点。試合の流れを龍谷大平安に譲った。

【第7日 3月29日(金)】
札幌大谷1-2明豊 (結果)
盛岡大付1-9龍谷大平安 (結果)
筑陽学園0-0山梨学院 (結果
※開門時間:8時(=当日券発売)



見どころ

龍谷大平安は、初戦で津田学園との延長11回の投手戦を2-0で勝利。延長11回、注目の奥村真大(2年)が二塁打を放ち、勝ち越し。持ち前の勝負強さを発揮。投げては、左腕エース・野沢秀伍が強打を誇る津田学園打線を4安打完封。

盛岡大付は、初戦で石岡一にサヨナラ勝利(3x-2)土壇場9回裏2死から、小川健成の2点タイムリーで同点。さらに11回に石岡一のエース岩本大地を攻め、ミスを誘いサヨナラで勝利した。投げてはエース阿部は完投した。

ともに接戦の延長戦を制し、粘り強さを発揮した両チーム。石岡一のエース岩本の前に苦戦した盛岡大付の打線が持ち前の強打を発揮するか。初戦で好投した龍谷大平安の左腕・野沢との対決がポイントになりそうだ。

【第3日 3月25日(月)】
龍谷大平安 2-0 津田学園 11回 (結果)
石岡一 2-3x 盛岡大付 11回 (結果)
札幌第一 5-24 山梨学院 (結果)
※開門時間:8時 第1試合 18,000人



龍谷大平安・チームの特徴

【主な成績】
・京都府大会3位、近畿大会優勝
・明治神宮大会初戦敗退、優勝した札幌大谷に5-6で敗れた。

【チームデータ】
・部員数:63人(マネ2)
・8勝2敗[率].320[本]4[防]3.29[盗]20
・スポーツ紙評価:A・A・A
(日刊・スポニチ・サンスポ)

【投手力】
・ダブル左腕エースがチームの柱。秋に背番号11の野澤秀伍はセンバツでは1、秋に背番号1の豊田祐輔は背番号10に変更。130キロ台と球速はないが、変化球などキレあり。
・課題は守備、秋公式戦は10試合で14失格。秋以降守備練習を強化。

【打撃力】
・チームの柱は水谷祥平主将(背番号9)。打率.447、秋はチーム最多の13打点。ニックネームは「ぎょうざ」。

【トピックス】
・原田監督のチーム評価「技術はないが、元気、負けん気がある」と評する。
キーマンの奥村真大(2年)は、祖父・父・兄が甲子園出場。兄はヤクルトの奥村展征。甲子園一族。
・背番号4 北村涼 「学校ですれ違うと女子から北村君や!と言われています」と仲間。
・エース野澤は「まゆ毛が下がっていて目が細い」ことから、原田監督からは「おじいちゃん」とも呼ばれ、またチームメイトからは「じじぃ」のニックネームで親しまれる。

「スポンサーリンク」

センバツベンチ入りメンバー

【更新済1】公式ガイドブック(3月13日発売)から全出場校のベンチ入りメンバーを更新
【更新済2】直前登録メンバー変更を反映済み(3月18日発表)※赤字で記載

背番号 選手名 投/打 学年
出身中学/中学時代の所属チーム
1 野澤秀伍 左/左 3年
 岐阜・西可児/美農加茂リトルシニア
 打率.222/本塁打0/打点2(18打席)
2 多田龍平 右/右 3年
 奈良・富雄/南都ボーイズ
 打率.286/本塁打0/打点5(35打席)
3 三尾健太郎 右/左 3年
 和歌山・南部/南部リトルシニア
 打率.400/本塁打0/打点9(30打席)
4 北村涼 右/右 3年
 洛西/高槻リトルシニア
 打率.382/本塁打0/打点4(34打席)
5 奥村真大 右/右 2年
 滋賀・甲西/草津シニア
 打率.333/本塁打1/打点8(36打席)
6 羽切陸 右/右 3年
 静岡・曳馬
 打率.226/本塁打1/打点7(31打席)
7 半保和貴 右/右 3年
 長岡第三/高槻リトルシニア
 打率.300/本塁打0/打点6(30打席)
8 中島大輔 右/左 3年
 和歌山・早蘇/和歌山御坊ボーイズ
 打率.333/本塁打0/打点6(45打席)
9 水谷祥平 右/右 3年
 東輝/京都東山ボーイズ【主将】
 打率.447/本塁打2/打点13(38打席)
10 豊田祐輔 左/左 3年
 蜂ヶ岡
 打率.111/本塁打0/打点1(9打席)
11 村尾亮哉 右/右 2年
 城北
→(変更)橋本幸樹 右/右 3年
 愛媛・三津浜/愛媛ヤングラディアンツ
12 田島輝久 右/左 2年
 岐阜・各務原中央/チャレンジクラブ
 打率.00/本塁打0/打点0(0打席)
13 山崎憂翔 右/右 2年
 兵庫・駒ヶ林/神戸西リトルシニア
→(変更)橋本幸樹 右/右 3年
 太泰/京都嵐山ボーイズ
14 下野優真 右/右 3年
 樫原/京都ピュールヤング
 打率.-/本塁打-/打点-(-打席)
15 川谷優真 右/右 3年
 修学院/京都ブラックス
 打率.-/本塁打-/打点-(-打席)
16 西川史礁 右/右 2年
 和歌山・丹生/和歌山日高ボーイズ
 打率.-/本塁打-/打点-(-打席)
17 大國太陽 左/左 3年
 大阪・白鷺/松原ボーイズ
→(変更)長畑海飛 右/右 3年
 大阪・狭山南/大阪狭山ヤング
18 中嶋駿 右/左 3年
 岐阜・岐阜西/岐阜フェニックス
 打率.-/本塁打0/打点0(0打席)

盛岡大付・チームの特徴

【主な成績】
・岩手県大会優勝、東北大会準優勝

【チームデータ】
・部員数:78人(マネ1)
・10勝2敗
・[率].339[本]7[防]2.44[盗]30
・スポーツ紙評価:B・B・B
 (日刊・スポニチ・サンスポ)

【打撃力】
・秋の岩手県大会では、ドラフト1位候補の大船渡・佐々木朗希から7点奪い勝利。
・高い打撃力。秋以降、打撃マシンを「ロウキくん」と名付け打撃練習
・1試合あたりの平均得点7.50(9位)、平均盗塁数2.50(2位)と足を備えた打ち勝つ。
・チーム打率.338(10位)、本塁打数7本。
・4番の小野寺颯斗(背番号5)はベンチプレス115キロとパワー十分。秋に膝の半月板故障も一冬超えて完全復活へ。甲子園練習ではライトポール際にライナーで飛び込むホームランを放つ。

【投手力】
投手陣はエース左腕・阿部秀俊(背番号1)が柱。166センチの小さな巨人。全56回2/3を投げ、防御率は1.43。これは出場投手中7番目の成績。関口監督は、阿部の精神面の強さに信頼を寄せる。
・阿部は小学校4年時に股関節の骨が壊死(えし)する「ベルテス病」の手術をし克服。

【トピックス】
・冬、部員全員が食事から見直し、10キロ弱の体重増に成功。通称「背脂」が力の源。
・目標のベンチプレス85キロも全員が達成しパワー増。

「スポンサーリンク」

センバツベンチ入りメンバー

背番号 選手名 投/打 学年
出身中学/中学時代の所属チーム
1 阿部秀俊 左/左 3年
 一関東/岩手ボーイズ
 打率.105/本塁打0/打点1(19打席)
2 島上眞綾 右/右 3年
 兵庫・学文/宝塚ボーイズ
 打率.467/本塁打0/打点6(30打席)
3 及川温大 右/左 3年
 水沢南【主将】
 打率.240/本塁打2/打点9(25打席)
4 佐々木俊輔 右/左 3年
 飯豊/花巻リトルシニア
 打率.324/本塁打1/打点9(37打席)
5 小野寺颯斗 右/左 3年
 水沢南/花巻シニア
 打率.357/本塁打0/打点2(14打席)
6 峰圭哉 右/左 3年
 栃木・明治/小山ボーイズ
 打率.396/本塁打0/打点6(53打席)
7 平賀佑東 右/左 3年
 大宮/滝沢いわてリトルシニア
 打率.462/本塁打0/打点12(26打席)
8 小川健成 右/右 3年
 大阪・大正東/大正ボーイズ
 打率.378/本塁打1/打点12(45打席)
9 岡田光輝 右/右 3年
 大阪・大正西/大正ボーイズ
 打率.383/本塁打2/打点8(47打席)
10 木内優成 右/右 3年
 雫石/滝沢いわてシニア
 打率.000/本塁打0/打点0(3打席)
11 大谷智啄 右/右 3年
 群馬・前橋第七/高崎ボーイズ
 打率.000/本塁打0/打点0(1打席)
12 竹ヶ原大輝 右/右 3年
 宮城・志波姫/大崎シニア
 打率.357/本塁打1/打点6(28打席)
13 松原瑠来 右/右 3年
 宮城・七郷/仙台東部シニア
 打率.250/本塁打0/打点6(24打席)
14 小島乃 右/左 3年
 青森・三沢第二
 打率.200/本塁打0/打点0(5打席)
15 村上颯 右/左 3年
 兵庫・御殿山/東成シニア
 打率.-/本塁打0/打点0(0打席)
16 石井駿大朗 右/右 2年
 神奈川・綾北/横浜瀬谷ボーイズ
 打率.333/本塁打0/打点1(3打席)
17 村上琉星 左/左 3年
 神奈川・上和田/横浜瀬谷ボーイズ
 →(変更)早川公平 右/右 3年
 大阪・渋谷/宝塚ボーイズ
18 池兵馬 右/右 3年
 茨城・結城東/小山ボーイズ
 打率.-/本塁打-/打点-(-打席)

スポンサー リンク