【試合速報・結果】明豊 2-1 札幌大谷 センバツ高校野球2019/注目選手【甲子園】

明豊 vs 札幌大谷 センバツ高校野球2019

明豊2-1札幌大谷(終了)
大谷000 001 000=1
明豊000 110 00X=2
【明】若杉、大畑
【札】阿部、太田

明豊が明治神宮大会王者の札幌大谷に競り勝ち、春の甲子園初の8強入り。横浜高校戦で見せた強力打線だけが持ち味ではなかった。先発したエース若杉が7回まで好投。その後、8回から大畑がが最速140キロ台の直球で、札幌大谷の打線を封じた。札幌大谷は、長身197センチの阿部剣友が先発し、3回まで1安打に抑える好投。その後、サブマリンの太田流星に継投するも、勝ち越しを許した。

【第7日 3月29日(金)】
札幌大谷 1-2 明豊 (結果)
盛岡大付 1-9 龍谷大平安 (結果)
筑陽学園 3-2 山梨学院 (結果)
※開門時間:8時 第2試合 21,000人



見どころ

明豊は、初戦で持ち前の打撃力で横浜に13-5と圧勝。プロ注目の最速153キロ左腕・及川を3回途中で攻略。2回までに4失点も逆転と力強い。キーマンとなったのは、大阪桐蔭で昨年春夏連覇を達成した青地斗舞の弟、青地七斗。チーム初安打を及川から放ち、勢いをつけた。藪田源は満塁チャンスで走者一掃の長打を放つ活躍。

札幌大谷は、初戦で米子東に4-1で勝利。自慢の投手陣の1人、サブマリン投法の太田流星が、9回4安打1失点で完投。打撃面では、初回に先頭打者の北本壮一朗が本塁打を放ち、初出場のチームに勢いをつけた。

試合は、明豊の強力打線を、札幌大谷のエース西原健太(背番号1)とサブマリン太田流星(背番号17)の2枚看板がどこまで最少失点に抑えられるか。札幌大谷は大量失点を防ぎ、接戦に持ち込みたい。

【過去・第2日 3月24日(日)】
習志野 8-2 日章学園 (結果)
明豊 13-5 横浜 (結果)
米子東 1-4 札幌大谷 (結果)
※開門時間:7時50分 第2試合 41,000人



明豊・チームの特徴

【明豊】
【主な成績】
・大分大会優勝、九州大会準優勝

【チームデータ】
・部員数:51人(0)
・8勝1敗
・[率].375[本]7[防]2.84[盗]18
・スポーツ紙評価:B・B・B
(日刊・スポニチ・サンスポ)

【打撃力】
・打率.375は出場校中3位。平均得点数は8.56で2位。さらに、平均得失点差は5.56で3位と試合では打ち勝つ野球で大差で選抜。チーム本塁打は7本を誇る。

【投手力】
・エース若杉晟汰(2年)は171センチと小柄ながら最速139キロの直球に伸び。
・1試合平均の奪三振数は9.70と出場投手で8位の好成績。

【トピックス】
・背番号12の青地七斗(3年)は、大阪桐蔭で全国制覇した中川世代のライト青地斗舞(現同志社大)。ニックネームは「つるべ」。
・レギュラーメンバーの多くが新2年生と今後のポテンシャルも十分。



センバツベンチ入りメンバー

背番号 選手名 投/打 学年
出身中学/中学時代の所属チーム
1 若杉晟汰 左/右 2年
 明豊
 打率.333/本塁打0/打点1(21打席)
2 成田武蔵 右/右 3年
 京都・向島東/京都南山城ボーイズ
 打率.407/本塁打1/打点7(27打席)
3 野上真叶 右/左 2年
 明豊
 打率.419/本塁打0/打点5(31打席)
4 表悠斗 右/右 3年
 中津緑ヶ丘【主将】
 打率.333/本塁打0/打点2(21打席)
5 野邊優汰 右/左 3年
 明豊
 打率.387/本塁打1/打点15(31打席)
6 宮川雄基 右/左 2年
 安心院/別府ボーイズ
 打率.462/本塁打0/打点11(39打席)
7 布施心海 右/右 2年
 大阪・豊中第一/豊中シニア
 打率.406/本塁打1/打点14(32打席)
8 山田昭太 右/左 2年
 蒲江翔南/佐伯ボーイズ
 打率.357/本塁打1/打点5(28打席)
9 藪田源 右/右 3年
 豊洋/大分ブレーブス
 打率.281/本塁打3/打点11(32打席)
10 大畑蓮 右/右 3年
 明豊
 打率.000/本塁打0/打点0(2打席)
11 狭間大暉 右/右 2年
 津久見第一/大分南シニア
 打率.333/本塁打0/打点0(3打席)
12 青地七斗 右/右 3年
 大阪・喜志/河南シニア
 打率.000/本塁打0/打点0(1打席)
13 川原颯起 右/左 2年
 明豊
→(変更)吉開大輝 左/左 2年
 福岡・志免/糸島ボーイズ
14 中尾圭 右/左 2年
 臼杵西/大分シニア
 打率.385/本塁打0/打点2(13打席)
15 後藤杏太 右/右 3年
 大阪・長栄/枚岡ボーイズ
 打率.000/本塁打0/打点0(0打席)
16 安保和樹 右/右 3年
 大阪・大東/大阪旭シニア
 打率.-/本塁打-/打点-(-打席)
17 井上功介 右/両 3年
 打率.-/本塁打0/打点0(0打席)
 大阪・孔舎衙/枚岡ボーイズ
18 岡本欧佑 左/左 3年
 明豊
→(変更)寺迫涼生 右/右 3年
 和歌山・西脇/和歌山御坊ボーイズ



札幌大谷・チームの特徴

【主な成績】
・北海道大会優勝、明治神宮大会優勝
・明治神宮大会では優勝候補の星稜に決勝で競り勝つ。

【チームデータ】
・部員数:56人(マネ0)
・12勝
・[率].358[本]5[防]1.44[盗]24
・スポーツ紙評価:B・A・A
(日刊・スポニチ・サンスポ)

【投手力】
・投手力が際立つ。エース西原健太(背番号1)サブマリン太田流星(背番号17)に注目。防御率では太田流星が0.95(5位)、西原健太が1.50(8位)。1試合平均の被安打数では太田流星が4.37(1位)、西原健太が6.00(6位)と相手の打撃を封じ込める。

【打撃力】
・打撃力では、打率.358(4位)、平均犠打数3.33(5位)、平均盗塁数2.00(7位)と手堅い野球をし、平均得点7.67(6位)

【トピックス】
・メンバーの多くは16年に「札幌大谷中学」で日本リトルシニア全国選抜で8強。
・釜萢大司(背番号4)は野球部では数少ないSコース(特進クラス)に所属
・飯田柊哉主将(背番号2)は「キャプテン、イケメン、でも憎めない天然キャラの三本柱」とチーム評価。



センバツベンチ入りメンバー

背番号 選手名 投/打 学年
出身中学/中学時代の所属チーム
1 西原健太 右/右 3年
 札幌大谷
 打率.372/本塁打1/打点12(43打席)
2 飯田柊哉 右/右 3年
 札幌大谷【主将】
 打率.342/本塁打1/打点6(38打席)
3 清水悠我 右/左 3年
 札幌大谷
 打率.375/本塁打0/打点5(16打席)
4 釜萢大司 右/左 3年
 札幌大谷
 打率.450/本塁打0/打点6(40打席)
5 佐藤颯馬 右/左 2年
 函館尾札部/函館ボーイズ
 打率.300/本塁打0/打点8(40打席)
6 北本壮一朗 右/右 3年
 札幌大谷
 打率.389/本塁打1/打点9(36打席)
7 中川征典 右/右 3年
 平岡緑/札幌北広島ボーイズ
 打率.250/本塁打0/打点2(28打席)
8 石鳥亮 右/右 3年
 札幌大谷
 打率.413/本塁打1/打点19(46打席)
9 佐野翔騎郎 右/左 2年
 日章/札幌北シニア
 打率.310/本塁打0/打点7(42打席)
10 小関慎之助 右/右 2年
 北栄/札幌栄リトルシニア
 打率.308/本塁打0/打点0(13打席)
11 大野柚太 右/右 3年 
 札幌大谷
→(変更) 山口竜 左/左 3年
 札幌大谷/札幌大谷シニア
12 中川諒 右/左 2年
 大曲/北広島シニア
 打率.-/本塁打-/打点-(-打席)
13 青山弥稜 右/右 3年
 札幌大谷
 打率.500/本塁打0/打点3(4打席)
14 津崎愛斗 右/右 2年
 小樽長橋/小樽リトルシニア
 打率.-/本塁打0/打点0(0打席)
15 田口恭大 右/左 3年
 札幌大谷
 打率.333/本塁打0/打点0(3打席)
16 將田勝基 右/右 3年
 札幌大谷
 打率.250/本塁打0/打点3(24打席)
17 太田流星 右/右 3年
 札幌大谷
 打率.000/本塁打0/打点0(1打席)
18 阿部剣友 左/左 2年
 大野
 打率.-/本塁打0/打点0(0打席)

スポンサー リンク