【進路】西原健太(札幌大谷)は法政大学へ進学|高校時代エピソード【神宮大会優勝エース】

【進路】西原健太(札幌大谷)は法政大学へ進学【神宮大会優勝エース】

明治神宮大会で優勝、その後の2019センバツ出場を果たした札幌大谷のエース・西原健太は、2020年春に法政大学へと進学する。

以下では、主に高校時代におけるエピソード等を紹介する。



《高校時代のエピソード》

◉2018年の明治神宮大会で優勝した札幌大谷のエース右腕。神宮大会初戦の龍谷大平安戦と決勝の星稜戦の2試合で先発した。

◉2019年のセンバツには、背番号1で出場するも、大会前の右肩炎症の影響で、1回戦(米子東戦)と2回戦(明豊戦)では、登板を回避した。

◉当時の野球部の中心メンバーは、2年前の2016年に札幌大谷中学で日本リトルシニア全国選抜で全国8強に進出していた。



《プロフィール/誕生日・出身ほか》

西原健太(にしはら・けんた)
誕生日:2001年7月19日
出身:北海道赤平市
家族:両親と妹。
参考:足のサイズは30センチ
球歴:赤平豊里小1年から野球を始め、札幌大谷中で硬式野球部に所属。投手として3年春の全国8強。高校では1年春から背番号18でベンチ入り

スポンサー リンク