【進路】有松和輝(星稜)は桜美林大学へ進学|高校時代エピソード【夏の甲子園準優勝】

【進路】有松和輝(星稜)は桜美林大学へ進学【夏の甲子園準優勝】

2019夏の甲子園で準優勝を果たした星稜・有松和輝は、2020年春に桜美林大学へと進学する。

以下では、主に高校時代におけるエピソード等を紹介する。



《高校時代のエピソード》

◉星稜中学時代には、4番・捕手として全国制覇を経験した。

◉星稜高校入学時は捕手。しかし、1年生の夏に痛めていた右肘を手術。リハビリを経て、キャッチボールを再開したのは、2018年の星稜がセンバツで躍動している頃だった。

◉怪我から復帰後、捕手から一塁手、そして外野手転向。

《プロフィール/誕生日・出身ほか》

有松和輝(ありまつ・かずき)
誕生日:2001年8月5日
出身:金沢市
球歴:三和小2年で野球を始める。星稜中3年夏に全国制覇。
好きな球団:DeNA
尊敬する人物:中畑清
家族:両親
投打:右投右打

スポンサー リンク