【注目選手】星稜・有松和輝、中学時代 全国制覇チームの4番打者

星稜・有松和輝、中学時代 全国制覇チームの4番打者

星稜に頼もしい選手が戻ってきた。星稜中時代に4番・捕手として全国制覇を果たした有松和輝だ。

高校入学時は捕手、しかし1年生の夏に痛めていた右肘を手術。リハビリを経て、キャッチボールを再開したのは、2018年の星稜がセンバツで躍動している頃だった。

復帰後、捕手から一塁手、そして外野手転向。明治神宮大会では背番号7を獲得。

いよいよ怪我から復帰した全国制覇の4番が帰ってくる。

有松和輝(ありまつ・かずき)プロフィール

2001年8月5日、金沢市生まれ。三和小2年で野球を始める。星稜中3年夏に全国制覇。好きな球団はDeNA。尊敬する人物は中畑清。家族は両親。173センチ、82キロ。右投右打

スポンサー リンク