【史上最強か】星稜、新チームが「最強軍団」すぎる戦力メンバー|優勝候補筆頭

新・最強軍団の星稜、戦力のポイント整理

18年秋からスタートした星稜の新チームの戦力を以下の通りまとめた。

春夏連続甲子園に出場したチームからは、「レギュラー5人」が残る

2年ながらU18日本代表に選出し、最速150キロを誇るエース奥川恭伸。

捕手・山瀬慎之助は、奥川の女房役として石川県の宇ノ気中学で全国制覇。

U15日本代表のショート内山壮真(1年)は新4番。北信越大会までに出場した公式戦全20試合でヒット。

星稜中で全国制覇経験した左腕・寺沢孝多(2年)は、夏の済美戦で好投。

星稜中で全国制覇経験したセンター東海林航平(2年)は、50メートル5秒9。

松井秀喜と同じ根上中出身の右腕・寺西成輝(1年)はU15日本代表、最速143キロ。

萩原吟哉投手(1年)も元U15日本代表。

秋季石川大会では全5試合で1試合平均8.4点。本塁打数は4本

秋季石川大会では無失策。さらに投手陣は4試合で完封。失点はわずか4。

「スポンサーリンク」

北信越大会のベンチ入りメンバー

投 奥川 恭伸 2 183 82 右右
捕◎山瀬慎之助 2 177 82 右右
一 福本 陽生 2 171 75 右右
二 山本 伊織 2 172 67 右両
三 知田 爽汰 1 174 75 右左
遊 内山 壮真 1 172 72 右右
左 岡田 大響 2 178 75 左左
中 東海林航介 2 180 72 右左
右 寺西 成騎 1 186 79 右右
寺沢 孝多 2 174 69 左左
荻原 吟哉 1 170 70 右右
新保 温己 2 165 63 右右
有松 和輝 2 173 81 右右
松本 笙 1 177 72 右右
鈴木 快明 2 175 75 右右
高木 宏望 1 170 74 右左
金谷 太陽 2 175 80 左左
大高 正寛 2 175 86 右右

以下は、18夏の甲子園で優勝候補と考えまとめたレポートです。

「スポンサーリンク」

星稜、夏の甲子園・優勝候補と考える理由

第100回目の夏の甲子園、松井秀喜が始球式を行う開幕試合をひいたのは石川・星稜。

持ってるチームが「優勝候補」として夢の舞台で旋風を巻き起こす。

「星稜史上最強」と言っても過言では無いほど、この夏の星稜は強い。

夏の石川大会では、決勝戦で22ー0と大勝。全5試合で53得点の破壊力。投手・守備陣は全5試合で無失点、大会を通じて1点も取られることはなかった。これら圧倒的な打撃力・投手力を誇り、石川大会を完全優勝した星稜。


「スポンサーリンク」

「強さ」を増してきた星稜

林和成監督は「今まで8年間監督をしてきた中で1、2番に弱いチームからスタートした。歴代の中で一番伸びたチームになった」と石川大会を制覇した星稜ナインをこう評した。

これまで2年生エース・奥川恭伸投手(最速150キロ 甲子園開幕戦で記録)やスーパー1年生の内山壮真ら下級生が活躍してきた中、決勝戦では3年生コンビの主将・竹谷理央と南保良太郎が、2人で「7本塁打」を放つなど、石川大会を通じて、一層強さを増してきている。

星稜のココが半端ないポイント

  • 決勝 金沢学院に22-0で大勝
  • 決勝 先発全員安打の28安打22得点
  • 決勝 主将・竹谷理央(3)が4本塁打
  • 決勝 南保良太郎内野手(3)が3本塁打


「スポンサーリンク」

星稜による石川大会で新記録

  • 決勝戦最多得点 22点
  • 1試合チーム最多本塁打 7本(決勝で竹谷4、南保3)
  • 1大会チーム最多本塁打 10本(南保5、竹谷4、河井1)
  • 2者連続本塁打 4本(決勝で竹谷)
  • 個人大会通算本塁打 5本(南保、ゴジラ松井超える)

逸材・奥山・山瀬の2年生バッテリーは中学全国制覇

(写真は山瀬)

奥川恭伸(2年)とバッテリーを組む山瀬慎之助捕手(2年)とは、石川県の宇ノ気中で全国制覇を果たしたバッテリーだ。二人は、宇ノ気小学校4年生の時からバッテリーを組む仲である。奥川と山瀬は「高校でも全国制覇しよう」と誓い、そろって星稜進学を決めた。

奥川は、「これまで何千、何万球と受けてもらっている。日々の積み重ねが信頼を生んでいる」と語る。

「スポンサーリンク」

逸材・スーパー1年生たちがベンチ入り

(写真は内山)

2017年、軟式の侍ジャパンU 15のメンバーたちが、星稜に進学してきた。

まず、あの松井秀喜氏と同じ石川県・根上中学校から進学してきたのは大型右腕・寺西成騎(なるき)。軟式球で驚異の最速141キロをマーク。高校での最速は143キロ(甲子園の開幕戦マウンドで自己最速を記録)。

また、同じく日本代表で、全国制覇も経験している星稜中の右腕・萩原吟哉と捕手の内山壮真バッテリーも星稜に進学。星稜・内山壮真はアジア選手権で、本塁打王とベストナインにも輝いた逸材だ。

この1年生3人は、この夏の石川大会でベンチ入りを果たしている。(甲子園ベンチ入りでは萩原が外れた)

「スポンサーリンク」

主砲・南保良太郎は「松井秀喜」超えの本塁打数!

南保良太郎は、先輩・松井秀喜が持っていた石川大会の最多本塁打数の記録を塗り替え、1大会5本塁打を記録

ちなみに、南保は、主将・竹谷の誕生日に天使が描かれたトランクスをプレゼント。竹谷主将は「勝負パンツ」として試合で着用しているという。

奥川恭伸のプロフィール・出身

おくがわ・やすのぶ
2001年4月16日、石川・かほく市生まれ。宇ノ気小2年で野球を始め、内野手兼投手。宇ノ気中1年冬から投手に専念し、3年時に全国中学校軟式大会優勝。星稜高では1年春の北信越大会で公式戦初登板。1年秋の北信越大会では背番号1。今春のセンバツは背番号11で投打に活躍し、8強進出に貢献。182センチ、85キロ。右投右打。家族は両親と兄。

「スポンサーリンク」

南保良太郎のプロフィール・出身

なんぼ・りょうたろう
2000年11月21日、石川・津幡町生まれ。小2で野球を始める。星稜中では9番打者。星稜高では2年春から出場。高校通算25本塁打。好きなプロ野球選手はオリックス・吉田正尚外野手(25)。趣味は卓球。星稜高のラップ選手権で準優勝の経験あり。家族は両親と姉。175センチ、75キロ。右投左打。

竹谷理央のプロフィール・出身

たけたに・りお
2000年8月31日、石川・小松市生まれ。小2で野球を始める。星稜高では1年春の北信越大会から出場。父は米国人で、曽祖父は元米プロ野球選手。名前の由来は祖父のミドルネームのLEO(ラテン語でライオン)。将来の夢はメジャーリーガー。就寝前にグリフィーJr.(元マリナーズ)とハーパー(ナショナルズ)の本塁打の動画を見るのが日課。173センチ、78キロ。右投左打。

「スポンサーリンク」

内山壮真のプロフィール・出身

うちやま・そうま
2002年6月30日、富山・上市町生まれ。富山・宮川小3年で野球を始める。星稜中では2年途中まで遊撃手、その後は捕手。憧れの選手は星稜OBの北村祥治(トヨタ自動車)、拓己(巨人)兄弟。右投右打。172センチ、70キロ

星稜・夏の石川大会の戦歴・試合結果一覧

  • 2回戦10―0金沢辰巳丘・金沢向陽・内灘
  • 3回戦9―0小松市立
  • 準々決勝5―0小松大谷
  • 準決勝7―0金沢商
  • 決勝22―0金沢学院


「スポンサーリンク」

甲子園・星稜高校ベンチ入りメンバー

1 奥川恭伸 2年生 宇ノ気
2 山瀬慎之助 2年生 宇ノ気
3 河井陽紀 3年生 星稜
4 山本伊織 2年生 高津(神奈川)
5 南保良太郎 3年生 星稜
6 内山壮真 1年生 星稜
7 東海林航介 2年生 星稜
8 鯰田啓介 3年生 宝達
9 竹谷里央 3年生 松陽
10 山口来聖 3年生 兼六
11 寺沢孝多 2年生 星稜
12 西岡秀太 3年生 氷見北部
13 佐々井光希 3年生 ゆりのき台(兵庫)
14 平野慎太郎 3年生 野田
15 国本憲辰 3年生 洛南(京都)
16 佐藤海心 3年生 久々野(岐阜)
17 岡田大響 2年生 星稜
18 寺西成騎 1年生 根上

石川大会でベンチ入りしていた以下の2名が外れた。
福本陽生 2年生 緑丘(東京)
荻原吟哉 1年生 星稜

星稜高校の部員数は77名

1962年(昭37)創立の私立校。63年から現校名。生徒数1713人(女子853人)。野球部も62年創部。部員数77人。甲子園出場は春12度、夏19度目。主なOBは元ヤンキース松井秀喜、サッカー日本代表本田圭佑ら。所在地は金沢市小坂町南206。鍋谷正二校長。

【スポンサードリンク】