【高校野球2019】星稜は史上最強軍団に。1・2年生メンバーが逸材揃いだ!(奥川・山瀬・寺西・荻原・内山)

星稜は史上最強軍団か。1・2年生メンバーが逸材揃いだ!(奥川・山瀬・寺西・荻原・内山)

2018年のセンバツベスト8を果たした石川県の星稜高校。

2年生ながらチームの躍進を支えたのは、2年生の奥川恭伸だ。最速150キロ(甲子園開幕戦で記録)を誇る奥川、そのボールを受けるのは、幼馴染で宇ノ気小学校4年からバッテリーを組む山瀬慎之助(捕手)だ。この二人は、宇ノ気中学校へ進学し、全国制覇を果たしている。

さらに、2018年春、注目の1年生部員が入学した。

まずは、軟式の侍ジャパンU15で、石川県・根上中学校出身の186センチ右腕・寺西成騎(なるき)。軟式球で驚異の最速140キロ超えをマークする逸材だ。高校での最速は143キロ(甲子園の開幕戦マウンドで自己最速を記録)。

同じく日本代表で、全国制覇も経験している星稜中の右腕・萩原吟哉と捕手の内山壮真バッテリーも星稜高校に入学した。

2018年の高校野球界は、大阪桐蔭が「黄金世代」を話題になった。2019年、2020年と注目を集めそうな石川・星稜。まず、2018年、第100回目の夏の躍進に注目したい。

 

【スポンサードリンク】