【高校野球2019】星稜は史上最強軍団に。1・2年生メンバーが逸材揃いだ!(奥川・山瀬・寺西・荻原・内山)

星稜は史上最強軍団か。1・2年生メンバーが逸材揃いだ!

2018年の高校野球界は、大阪桐蔭が「黄金世代」を話題になった。

2019年、2020年と注目を集めそうな石川・星稜。

2年生ながらチームの躍進を支えるのは、2年生の奥川恭伸だ。最速150キロ(甲子園開幕戦で記録)を誇る。幼馴染で宇ノ気小学校4年からバッテリーを組む山瀬慎之助(捕手)にも注目。この二人は、宇ノ気中学校へ進学し、全国制覇を果たしている。

さらに、1年生メンバーにも注目。まずは、軟式の侍ジャパンU15で、石川県・根上中学校出身の186センチ右腕・寺西成騎(なるき)。軟式球で驚異の最速140キロ超えをマークする逸材だ。高校での最速は143キロ(甲子園の開幕戦マウンドで自己最速を記録)。

同じく日本代表で、全国制覇も経験している星稜中の右腕・萩原吟哉と捕手の内山壮真バッテリーも星稜高校に入学した。

「スポンサーリンク」

新・最強軍団の星稜、戦力のポイント整理

18年秋からスタートした星稜の新チームの戦力を以下の通りまとめた。

春夏連続甲子園に出場したチームからは、「レギュラー5人」が残る

2年ながらU18日本代表に選出し、最速150キロを誇るエース奥川恭伸。チームキャプテンの捕手・山瀬慎之助は、奥川の女房役として石川県の宇ノ気中学で全国制覇を果たしている。

U15日本代表のショート内山壮真(1年)は新4番。ショートの守備位置は深く、時にマスクをかぶりチームをリード。空手で詰んだ運動能力に注目。

あの夏の済美戦で好投し高校野球ファンを沸かせた左腕・寺沢孝多(2年)は、星稜中で全国制覇した経験を持つ。

同じく、星稜中で全国制覇経験したセンター東海林航平(2年)は、50メートル5秒9。パンチ力もある。

1年生にも注目の逸材がいる。松井秀喜と同じ根上中出身の右腕・寺西成輝(1年)はU15日本代表、最速143キロを誇る。

萩原吟哉投手(1年)も元U15日本代表投手として注目だ。

秋季石川大会では全5試合で1試合平均8.4点。本塁打数は4本。守備は無失策。投手陣は4試合で完封。失点はわずか4である。

「スポンサーリンク」

2018秋の石川県1年生大会でも優勝

石川県内の秋季1年生大会では、星稜が小松大谷を決勝戦で8-1の8回コールドで優勝。これで、2018年は春季石川大会・春季北信越大会・夏の石川大会、秋季石川大会、秋季北信越大会、1年生大会と6冠を達成した。1年生右腕の寺西成騎は「冬場にしっかり走り込んで、スタミナをつける。…少しでも奥川(恭伸)さんに近づきたい」とコメントしている。

スポンサー リンク