【明治神宮大会】星稜、7-4で高松商業に勝利|東海林航介の本塁打で試合決めた

星稜、7-4で高松商業に勝利|東海林航介の本塁打で試合決めた

優勝候補の星稜が四国チャンピオンの高松商業に7-4で勝利した。

エース奥川は、「投げるほうでは昨日より調子は良くなかったけど、1点に抑えられて良かったです」と降板する7回まで毎回三振の12奪三振を奪う好投を見せた。打っても3安打4打点と投打で活躍した。

試合を決めたのは東海林航介のソロホームラン

1-1で迎えた3回、星稜の2番東海林航介がライススタンドに打った瞬間それとわかるソロアーチ。高校通算2本目という本塁打で、流れを奪い返した。

【PR】ダイヤのA、メジャー配信中
【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

「スポンサーリンク」

9回に意地のスリーラン新居龍聖

高松商業もコツコツネバネバ大作戦を9回にみせた。意地を見せた。1死一、二塁のチャンスで、9番・新居龍聖が高校通算1号の右越え3ラン。

「最初は入ったかわからず、(右翼手が)捕球したかなと思った。入ったのがわかってうれしかった。ただチームがまだ負けていたのであまり喜びはなかった」。

それでも高校での初ホームランに「神宮で初ホームランが打てたのはよかったかな」とコメントした。

高松商業の長尾監督のコメント

長尾監督は、試合を振り返り「横綱と幕下っていう感じの試合でしたね」とコメント。「四国にあんなピッチャーはいない。選手たちも感じるものがあったと思う。…。力で勝負をしようとしたら勝てない。ただ、野球って、そんなチームばかりが勝つわけではない。弱者の戦略をしっかり練って、みんなで一枚になれば互角に戦えるようになると思う」とセンバツを見据えた。

主将の飛倉爽汰は「奥川君を見られたことで、意識すれば良い方向に向くと思う」と前を向いた。

「スポンサーリンク」

先発の高松商業・中塚公晴のコメント

初回に2四球で失点。4回を投げ6安打5失点(自責3)。「言い訳ならなんぼでもできるけど、それを言ったら成長できない。調子が悪いなりに修正がつかなかったのは自分のせい。課題が明確になったので冬、一生懸命練習する」と語った。

スポンサー リンク