【ドラフト候補】星稜・寺西成騎 最速146キロの本格長身右腕/根上中学出身・中学で141キロでTVでも話題に

ドラフト候補 星稜・寺西成騎 

2020年ドラフト候補 星稜・寺西成騎(3年・右腕)。

1年生の夏から甲子園デビュー。2018年の夏は、開幕戦の甲子園マウンドで当時の自己最速143キロを記録するなど注目を集める本格派右腕。

186センチの長身から、最速146キロの直球が持ち味だ。

林和成監督は「(荻原吟哉と寺西の)2人で(奥川の)1人分をカバーできる」と期待を寄せる。

石川・能美市生まれ。根上中学3年の2017年秋にはU15侍ジャパン選出された。根上中学校時代では軟式で141キロを記録。

2018年1月にはテレビの企画で、阪神・福留孝介から三振を奪うなど話題となった。



寺西成騎(星稜)プロフィール・出身・経歴

読み方:てらにしなるき
誕生日:2002年10月18日
50mタイム:6.5秒
出身中学:能美市立根上中学校
所属チーム:野球部
趣味:野球観戦
好きな野球選手:大谷翔平
好きな球団:巨人
将来の夢:プロ野球選手
好きな食べ物:刺身
苦手な食べ物:茄子
好きなタレント:千鳥
ニックネーム:なるき

▶︎センバツ注目選手100人リスト一覧
▶︎組み合わせ日程・大会スケジュール
▶︎甲子園周辺ホテル予約 ▶︎チケット情報
▶︎センバツ出場校メンバー一覧(出身など)

スポンサー リンク