元甲子園球児ラッパーが山梨大会の応援ソング!椙浦光(元山梨学院・副主将)

元甲子園球児ラッパーが山梨大会の応援ソング!椙浦光(元山梨学院・副主将)

第100回目の夏の山梨大会を盛り上げるラッパーがいる。

しかも彼は元甲子園球児だ。彼の名前は、椙浦光。

山梨学院の元主将として第98回の夏の全国高校野球選手権大会に出場し、甲子園の土を踏んだ。卒業後にラッパーとして歩み始めた元高校球児の歌が、山梨を席巻する。

中学時代に人気番組「高校生ラップ選手権」で興味を持ったという。

当時、主将だった滝沢虎太朗をたたえるラップでは、「虎太朗はそうさ主将、オマエにはないよ休養、山学にはないぜ急所、つかみにいくぜ優勝」ときざんだ。当時の甲子園でも話題となった。

彼には、こだわりがあり「相手をディスる(けなす)ことはない。選手の緊張をほぐしたり、元気にしたい」と語り、ナインからも「ラップが楽しいから前向きでいられる」と高評価を得ていた。

高校三年の秋、進学に悩んだ

「ラップって人の心を動かせるんだな」。まわりから心配されたが、ラッパーになろうと決めた。

母親は、年末の学校の三者面談で知り、驚いた。「大学に進むと思ってたから。ラップで遊んでいるのは知っていたけれど、冗談だと思っていました」と語る。

「スポンサーリンク」

新曲は「The way I am」の主な歌詞

「いつか叶(かな)うそんな保証なんてどこにもないのに」

「きれいなことばかりではない。どんなにつらい練習をしても、負けることはあるし、悔しい思いのまま引退する選手も大勢いる」

「夢は追えば叶うなんて今更思ってない 叶う叶わないよりそれを追うことでお前は輝いているから 同じステージに立つFRIENDS歌おう お前はお前らしくな」

「スポンサーリンク」

杉浦は語る

自らのつらかった経験に思いを巡らせた。左手の親指を骨折し、思うような結果を残せなくなったことがある。誰もいなくなった夜のグラウンドで、無我夢中で、悔しさで涙を流しながらバットを振り続けたこともあった。甲子園の舞台に立つことがすべてではない。

「球場は、今までに培った力をベンチ、スタンド関係なく出し尽くし、一人ひとりが輝く場所。ひたむきな努力は、たとえ負けてしまっても生き続ける」。

グラウンドという同じ場所で、野球という同じ経験をしたからこそ紡げた言葉を音に乗せ、高校球児にエールを送る。

【スポンサードリンク】