【注目投手】履正社・田淵一樹、スーパー1年生!中学全国制覇の逸材・ヤンキース岡山出身

履正社・田淵一樹、スーパー1年生登場

履正社にスーパー1年生が登場した。

身長188センチの1年生右腕、彼の名前は田淵一樹だ。

夏の北大阪大会の4回戦で1年生ながら先発のマウンドにたち、4回1安打無失点、5三振を奪う好投。

ヤングリーグ・ヤンキース岡山でプレーした中学時代には最速138キロを記録し、エースとして全国制覇に貢献した逸材だ。

「スポンサーリンク」

履正社・岡田龍生監督の評価は高い

履正社で1年生投手が夏の公式戦で登板するのは、16年度ドラフト1位でヤクルトに入団した寺島ら数人。さらに寺島でも経験させなかった先発に抜てき。

「コントロールがいい。夏の緊張感の中で投げられたのもよかった」と評価している。

田淵一樹のプロフィール・岡山出身

たぶち・いつき。2002(平成14)年7月24日生まれ、16歳。岡山市出身。大元小1年から大元スポーツ少年団ソフトボール部、桑田中ではヤンキース岡山でプレーし、中3時に全国制覇。履正社では今夏からベンチ入り。最速138キロ。右投げ右打ち。1メートル88、72キロ。背番号「18」

「スポンサーリンク」

ヤンキース岡山には引地秀一郎と谷合悠斗の弟がいる

最速151キロを誇る引地秀一郎(倉敷商)を兄に持つ引地健三、センバツで劇的なサヨナラ3ランを放った谷合悠斗(明徳義塾)の弟・谷合健太が在籍している。

スポンサー リンク