【注目投手】滝川二・田辺大登(2年生)、明徳義塾を完封した逸材左腕に注目せよ

【注目投手】滝川二・田辺大登(2年生)、明徳義塾を完封した逸材サウスポー!

近畿大会出場の滝川二に注目左腕がいる。2年生の田辺大登だ。

近畿大会の初戦では、京都代表の乙訓戦で先発し、6安打1失点と粘りの投球を見せた。

実は、田辺はこれまで強豪校相手に見事なピッチングをしており、密かな注目を集めている。

持ち味は、130キロ台の直球と110キロ台のスライダーで緩急をつけたピッチングだ。

彼のこれまでの戦歴を振り返る。

「スポンサーリンク」

秋の明徳義塾戦では、完封勝利の好投

昨秋の明徳義塾との練習試合では5-0の完封勝ちをおさめたのが田辺だ。

さらには、センバツ前にも明徳義塾との練習試合に先発し、あの明徳義塾エース市川悠太と投げ合い、8回まで無失点の好投を展開した。9回に3安打で2失点して敗れたが、手応えをつかんでいた。

今シーズンに入り、今春の兵庫大会では1回戦・報徳学園戦、準々決勝・神戸国際大付戦で登板。また、準決勝の市尼崎戦では9回4安打1失点で公式戦初完投している。

まだ2年生の左腕・田辺。今後、注目を一層集めそうだ。

スポンサー リンク