【ドラフト候補】仙台育英・田中祥都主将 名は「しょうと」守備は「サード」/東北初の全国制覇を目指す

仙台育英・田中祥都主将 名は「しょうと」守備は「サード」/東北初の全国制覇を目指す

2020年のセンバツ甲子園に出場する仙台育英。名門でチームをまとめる男の名前は、田中祥都(3年)。

読み方は「しょーと」と読む、守備位置は「サード」

持ち前の好守と、150キロを誇るスイングスピードから巧みなバットコントロールを見せる。

仙台育英は、2019年秋の台風19号で被災した大崎市鹿島台でボランティアを行うなど、日本一にふさわしいチームづくりを進める。東北勢初の全国制覇を目指す。



田中祥都(仙台育英)プロフィール・出身・経歴

読み方:たなかしょうと
誕生日:2002年11月14日
50mタイム:6.1秒
出身中学:高砂私立松陽中学校
所属チーム:野球部
趣味:釣り
好きな野球選手:イチロー
好きな球団:ソフトバンク
将来の夢:幸せな家庭を築く
好きな食べ物:お好み焼き
苦手な食べ物:ゴーヤ
好きなタレント:新木優子
ニックネーム:たなしょー
秋の打率:.489
秋の本塁打:2

▶︎センバツ注目選手100人リスト一覧
▶︎センバツ出場校メンバー一覧(出身など)

 

スポンサー リンク