【試合結果】大阪桐蔭vs愛産大三河が激突!|愛知招待試合

大阪桐蔭vs愛産大三河が激突!|愛知招待試合の速報・結果

大阪桐蔭が愛知招待試合にやってきた!2018年6月9日(土)-10日(日)の二日間、愛知県内の強豪校4校(秋の大会の上位4チーム)と激突する。昨年は清宮率いる早稲田実業が登場し話題となった。

今年は春のセンバツを制覇し、近畿大会でも優勝した「最強世代」と呼ばれる彼らが登場。大きな注目を集める大会となる。レポート・写真は以下の通りだ。

試合スケジュール・球場・試合時間

6月9日(土) 刈谷球場

東邦ー大阪桐蔭 9:30

桜丘ー大阪桐蔭 12:30

6月10日(日) 岡崎市民球場

中京大中京ー大阪桐蔭 9:30

愛産大三河ー大阪桐蔭 12:30

「スポンサーリンク」

秋の愛知県大会の上位4チームが大阪桐蔭と激突

秋の愛知県大会では、東邦が愛産大三河を破り優勝。3位決定戦は中京大中京が桜丘に勝利している。

春季愛知県大会2018の試合結果一覧

愛産大三河:秋季大会準優勝

昨秋の県大会準優勝の愛産大三河は、制球の良い右腕エース松原と球威のある上田の二枚看板が魅力。

試合結果

愛産大三河6-5大阪桐蔭

大阪桐蔭が愛産大三河に惜敗し、第1試合の中京大中京戦に続き招待試合2日目は連敗となった。

1日目の9日は東邦に12-5、2試合目は桜丘に4-2と連勝しており、2勝2敗。大阪桐蔭はセンバツ後初の敗戦となった。

西谷浩一監督(48)は「後半粘りきれない部分であったり、たくさん課題が出たいい試合だったと思います」。

1試合目の中京大中京戦は投手陣が打ち込まれ、打線も終盤に得点できなかった。

試合後、ナインは西谷監督から「こんなんじゃ大阪大会もこんな感じで負けるんじゃないか」と奮起を促されたという。

根尾昂内野手(3年)は1日目の第1試合で完投するなど、4試合フル出場。「ピンチの時に粘りきれていなかったり、バッティングで点を取られた後、沈黙していた。体力不足が課題。ダブルヘッダーを2日やっても、ずっとぴんぴんしてるようになっていかないと」とコメント。

スポンサー リンク