【センバツ2019】21世紀枠 富岡西高校(徳島)四国大会4強|野球部ベンチ入りメンバー一覧

【センバツ2019】21世紀枠 富岡西(徳島)

【更新済】公式ガイドブック(3月13日発売)から全出場校のベンチ入りメンバーを更新

【21世紀枠・初出場】

投打の中心は、浮橋幸太投手(2年)。バッテリーを組む粟田翔瑛とは、阿南第一中(軟式)で全国4強経験がある。

秋の徳島県大会では、3位。四国大会では、1回戦で高知を8-7、準々決勝で帝京第五を10―6で下し、徳島県勢5年ぶりのベスト4に進出。準決勝では、3-5で松山聖陵(同3位)に敗れたが接戦を繰り広げ、21世紀枠として選出。

これまで2001年、2008年と2度四国地区の21世紀枠の候補校に選出されたが落選していた。文武両道で、グラウンド共用による練習環境のハンディを克服し、県大会で好成績。部員が地域貢献活動も評価された。

1896年に徳島県尋常中学校第二分校として開校。1900年創部で、現在部員数は34人。

【特集記事リスト】
▷組み合わせ日程/対戦カード
▷ドラフト候補・注目選手
▷選手名簿・ベンチ入りメンバー
▷チケット前売券・当日券
▷開幕直前の練習試合結果
▷高校球児の注目進路・進学先

「スポンサーリンク」

センバツ直前トピックス

【3月9日 練習試合】兵庫・滝川第二と今季初の練習試合。①8-3②5-6と1勝1敗となった。

【3月16日】脇町と練習試合を行い、16-1、20-0と二連勝した。

【3月17日】市立堺に14-0で快勝。先発した末広純平は7回を無四球で抑え「反省を生かして今日は打たせて取る投球ができた」とコメント。

21世紀枠・富岡西高(徳島) 初出場

<富岡西の選出理由> 西日本では「いずれも甲乙つけがたい」と白熱した論議のうえ、富岡西を選出。学校のある徳島県阿南市は人口減少が続くなか「野球を通じた町づくり」を進め、同校が中心的役割を果たしていると評価された。

また過去2度、四国地区推薦校に選ばれるなど、継続した取り組みが高評価を得た。


センバツベンチ入りメンバー

【秋の公式戦・主なチーム成績】
富岡西(徳島) C・C・C
41人(8)
5勝2敗[率].310[本]1[防]3.57[盗]9
※人数は部員数(カッコ=マネージャー)
※スポーツ紙評価:日刊・スポニチ・サンスポ

背番号 選手名 投/打 学年 出身中学/所属チーム
1 浮橋幸太 右/左 2年 阿南一
2 粟田翔瑛 右/右 2年 阿南一
3 阿部航一郎 右/左 2年 相生
4 木村頼知 右/右 2年 小松島
5 吉田啓剛 右/右 2年 海陽
6 前川広樹 右/右 2年 阿南一
7 山﨑光希 右/左 2年 羽ノ浦
8 安藤稜平 右/右 2年 阿南
9 坂本賢哉 右/左 2年 那賀川
10 久龍海人 右/右 2年 相生
11 末広純平 左/右 2年 阿南
12 中西陽 右/右 2年 羽ノ浦
13 片山達貴 右/右 2年 加茂谷
14 成松拓海 右/左 2年 阿南
15 八百原賢太 右/右 2年 羽ノ浦
16 小川慧一郎 右/右 1年 阿南一
17 柏木龍斗 右/左 1年 鷲敷
18 稲垣駿一 右/右 1年 羽ノ浦

「スポンサーリンク」

センバツベンチ入りメンバー

【更新済】公式ガイドブック(3月13日発売)から全出場校のベンチ入りメンバーを更新

けが人などが出た場合は22日まで入れ替え可能。※変更の可能性あり

▷注目選手・ドラフト候補2019

札幌大谷(メンバー) 
札幌第一(メンバー) 
八戸学院光星(メンバー)
盛岡大付属(メンバー)
桐蔭学園(メンバー)
春日部共栄(メンバー)
習志野(メンバー)
山梨学院(メンバー)
国士舘 (メンバー)
横浜 (メンバー)
東邦(メンバー)
津田学園(メンバー)
星稜(メンバー)
啓新(メンバー)
龍谷大平安(メンバー)
明石商業(メンバー)
履正社(メンバー)
智弁和歌山(メンバー)
市立和歌山(メンバー)
福知山成美(メンバー)
広陵(メンバー)
米子東(メンバー)
高松商業(メンバー)
松山聖陵(メンバー)
市立呉(メンバー)
筑陽学園(メンバー)
明豊(メンバー)
日章学園 (メンバー)
大分(メンバー)
石岡第一(メンバー)
富岡西(メンバー) 
熊本西(メンバー)

「スポンサーリンク」

優勝候補アンケート募集中

※1月29日午後12時からアンケート開始※
※投票は一人1回まで※

【受付中】センバツ優勝候補はどこだ!

  • ↓白ボタンからあなたの意見を投票↓

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

スポンサー リンク