【注目左腕】桐光学園の冨田冬馬は「松井裕樹2世」、投球フォームそっくり!

桐光学園の冨田冬馬は「松井裕樹2世」、投球フォームそっくり!

春のセンバツベスト4の東海大相模を粘りの投球で抑えたのは、桐光学園の背番号10・冨田冬馬(2年生)だ。試合は、5-2で桐光学園が勝利した。

桐光学園の冨田は、1年生だった昨夏も経験した好投手。

「秋は神奈川から関東大会に出た中(東海大相模、慶応、桐光学園)で、うちだけ選抜に出られなかった。その悔しさを持って冬の練習をやってきた」と冨田は言う。

投球フォームがOBの松井裕樹(楽天)にそっくりで、「松井2世」とも言われる左腕。冬に体重を5キロほど増やし、球威を増した直球とキレのあるスライダーで選抜4強の打線にも決定打を許さなった。

スポンサー リンク