【高校野球】早稲田実業vs関東一|2018春季大会4月21日(土)

早実vs関東一|2018春季大会4月21日(土)

注目の対戦カード。西東京と東東京を代表するスラッガーが登場!早実の野村大樹、関東一の石橋康太に注目だ!

早稲田実業の雪山幹太

最速142キロを誇るエース!清宮主将が率いる2017年夏のチームではエースナンバーを背負った。また、雪山幹太はどこでも守れる運動神経・野球センス抜群の選手だ。実は、2016年夏の大会以前までは、投手で右打ち。それが、2016夏大会以降に監督のアドバイスで「捕手へ転向」「右打ちから左打ちに転向」した。

早稲田実業の野村大樹

高校通算本塁打を54本塁打に記録を伸ばしている。大阪桐蔭の中川卓也主将、明秀日立の増田陸主将と中学時代はチームメイト。センバツで躍動した彼らの姿は、野村の目にどう映っているか。

「スポンサーリンク」

関東一高の石橋康太

ドラフト候補。17夏予選では堀越戦で満塁弾など「4試合連続ホームラン」を放った。千葉市リトルシニア・四街道四中学出身。西東京・日本を代表する野村大樹との対決は注目だ。

「スポンサーリンク」

試合レポート

スポンサー リンク