【ドラフト候補】藤嶺藤沢・矢澤宏太は最速148キロ左腕!打撃・走塁センスも抜群。

 藤嶺藤沢・矢澤宏太は最速148キロ左腕!

▷ドラフト会議の指名結果速報(リンク)

藤嶺藤沢(神奈川)の148キロ左腕・矢澤宏太にプロの注目が集まっている。

今春センバツ開幕直前に行われた東海大相模との練習試合には、日米9球団17人のスカウトが集結した。

プロのスカウト陣も高評価

巨人・岡崎スカウト部長は「腕の振りがしなやか。下半身が出来れば面白い」。楽天・長島スカウト部長は「打撃を見てもセンスがあるのがわかる」。ソフトバンク・荒金スカウトは「しっかり腕が振れているし、面白いと思います。これからでしょう」と評価している。

春季大会ではノーヒットノーランも

2018年春季大会では、慶応湘南藤沢との2回戦で、6回コールドの参考ながらノーヒットノーランをマーク。171センチと小柄だが、キレのある直球とスライダーで三振を量産。「スピードには興味がないです。勝てるピッチャーになるのがベスト」と左腕。

中丸洋輔監督(44)は「この春は終盤でも140キロ台が出るようになっている。体もしっかりして、制球も安定してきている」と成長を口にした。矢澤は、打撃センスも抜群で、試合では逆方向の左中間へ本塁打も放った。走塁も魅力で、50メートル5秒8の俊足だ。

矢澤宏太のプロフィール

やざわ・こうた
2000年8月2日、東京・町田市生まれ。
6歳から野球を始め、忠生中では町田シニアに所属。
高校では1年夏からベンチ入りし、秋からエース。
50メートル走5秒8の俊足に打力も武器で、外野手も務める。
171センチ、65キロ。左投左打。
遠投100メートル。

 

スポンサー リンク