【試合結果】横浜高校vs鎌倉学園|準決勝・春季神奈川大会(2018年4月28日)

横浜高校vs鎌倉学園|準決勝・春季神奈川大会

4月28日(土) 横浜スタジアム
12:30 横浜 – 鎌倉学園

春季神奈川県大会2018準決勝は、昨秋の再戦が実現する。2017年夏の甲子園に出場した横浜高校は、鎌倉学園にコールド負けという衝撃は全国の高校野球ファンに衝撃を与えた。この春、総合力の高い横浜がリベンジを果たすか、それとも鎌倉学園が全国屈指の強豪校を再び打ち破ることができるか。

「スポンサーリンク」

横浜高校に逸材が入学!注目1年生

毎年のように有望選手が入学する横浜高校。今年も中学球界で名の知られた精鋭たちが名門の扉を叩いた。ヤクルトで活躍した度会博文氏を父に持つ、内野手の度会隆輝。2017年11月に愛媛県の松山坊ちゃんスタジアムで行なわれたU-15アジアチャレンジマッチに出場し、侍ジャパンU-15代表の3番打者として11打数7安打6打点の活躍で優勝に貢献。大会最優秀選手にも選ばれた。

世田谷西シニアでエース兼中軸打者だった木下幹也(もとや)。184センチ83キロという堂々とした体躯に加え、シニア時代にはチームメイトの誰もが認める野球への真摯な姿勢でチームを引っ張った。昨年夏のシニア日本選手権では度会らを擁する佐倉シニアを破って日本一に輝いている。横浜高校、逸材がそろう。

「スポンサーリンク」

試合レポート

スポンサー リンク