【高校野球】横浜 6-1明秀日立!試合レポート・結果(春季関東大会2018)

横浜高校vs明秀日立が激突!

春季関東大会は、大会2日目の5月20日(日)。注目の対戦カードが目白押しだ。

【試合終了】横浜6-1明秀日立 関東大会

9回表までヒット1本に抑えられていた横浜は、内海の逆転ツーラン!さらには小泉のスリーランで大逆転。明秀日立のエース細川を最後の最後に攻略。ザ・高校野球!!!!!

横浜高校vs明秀日立の注目選手

第注目の左腕は、横浜高校の及川雅貴投手(2年)。1年夏の甲子園でも登板し、春の招待試合では最速150をマークした。スーパー1年生左腕の松本隆之介は最速145キロを誇る。明秀学園日立はプロ注目のエース細川(兄はDeNA細川)、大阪桐蔭の中川主将と元チームメイトの増田陸内野手、芳賀大成捕手ら強力打線を誇る。

「スポンサーリンク」

試合レポート



「スポンサーリンク」



「スポンサーリンク」



「スポンサーリンク」

【スポンサードリンク】