【ドラフト会議】大阪桐蔭 横川凱、190センチ長身の左腕|中日ドラゴンズ等が指名検討へ

大阪桐蔭 横川凱、190センチ左腕

「横川凱(よこがわかい)」と読む。中学生時代は”右の根尾、左の横川”とも呼ばれていた横川。

右腕の柿木の控えだったが、190センチの長身から投げ下ろす最速144キロ左腕として活躍した。

ドラフト会議に向けては、中日の米村チーフスカウトが「今年はドラフト候補の左腕が少ない中で、潜在能力の高さが際立つ」と高く評価している。

「スポンサーリンク」

横川凱のプロフィール・出身など

  • よこがわ・かい
  • 2000年8月30日、滋賀・米原市生まれ
  • 柏原小2年から野球を始め、大東中時代は「湖北ボーイズ」
  • ボーイズリーグ選抜「NOMO JAPAN」入り
  • 大阪桐蔭で1年秋からベンチ入り
  • 甲子園では17年春、18年春夏の計4試合登板
  • 190センチ、85キロ
  • 左投左打


「スポンサーリンク」

中日ドラゴンズが指名検討

中日が、ドラフト会議で大阪桐蔭・横川凱の指名を検討していることが10月10日、分かった。

チームメートの根尾昂内野手(3年)の1位指名を公表しており、同一高校から複数指名となれば、中日では、1986年の享栄(1位・近藤真一、5位・長谷部裕)以来となる。

3位以降での指名を検討しており、根尾とのダブル獲得を狙う。

【スポンサードリンク】