【注目選手】大阪桐蔭・中野波来(はる・2年)、父は「たこフェリー」で船長

【注目選手】大阪桐蔭・中野波来(はる・2年)、父は「たこフェリー」で船長

大阪桐蔭の次世代を担うスラッガーは、淡路島の星・中野波来(2年)だ。

中学時代は明石ボーイズをエースとして春の日本一に導いた逸材。

2018年の春季大阪大会の準決勝(大体大浪商)で、勝負を決める3ランホームランを放った。

西谷浩一監督も「左投手に特に強い。次の代にクリーンアップを打たせたいと思っています」と期待する2年生だ。

「スポンサーリンク」

センバツ便利入りも練習試合で骨折

中野は連覇を果たした優勝を果たしたセンバツでメンバー入りしたが、直後の練習試合で右の薬指の付け根辺りを骨折。

父は「たこフェリー」で船長、名前の由来

「波来」という名前は船長の父から淡路島の出身。波来と書いて「はる」と読む。父はかつて「たこフェリー」で船長を務め、母はサーフィンが得意だったことから名付けられた。「いい波が来るように」という想いだ。

「スポンサーリンク」

魚の三枚下ろしとヨガが趣味

兵庫県・淡路島の出身で、生まれた時、父はフェリーの船長。海を愛する気持ちから「波来」と名付けられた。親

戚から教わり、アジやタイなどを「3枚おろし」できるのが自慢だ。「名前のイメージ通りの特技、とよく言われる」と笑う。体作りを研究するうちに出合ったヨガが趣味。中学時代には個人レッスンを受け、集中力を高める呼吸法を学んだ。

【スポンサードリンク】