佼成学園・青木翼、元背番号1の最後の夏 <背番号1と10の物語>

佼成学園・青木翼、元背番号1の最後の夏 <背番号1と10の物語>

第100回目の夏、私にとって記憶に残る選手がいる。それは、佼成学園の青木翼(投手・3年生)だ。

2017年秋の東京大会決勝戦

優勝すれば、小さな頃から夢見たあの「甲子園」のキップを手にすることが出来る。

秋、日大三との決勝戦。佼成学園は、9回まで1点をリードする展開だった。

あと「アウト3つ」。夢の舞台、甲子園。

佼成学園のマウンドに立っていたのは、エース背番号1をつけた青木翼。

しかし、9回、マウンドに立った青木はアウト3つを取ることができなかった。マウンドに駆け寄ったのは捕手で主将の江原秀星。

江原は、青木翼の顔をじっと眺め、何かを伝えていた。青木翼は、それに頷いた。

決して一人じゃない。一塁手の松下豪佑は、マウンドの青木に大きな声を張り上げた。

甲子園までアウト3つ、遠かった。

佼成学園のエース青木翼は、降板した。

青木はベンチに下がると、すぐさまベンチの最前列に立った。グラウンドで戦う仲間たちに向けて声を絞り出した。

甲子園は叶わなかった。試合終了後、背番号1の青木翼は泣き崩れた。

泣き崩れた青木の肩を抱いたのは、先発した背番号18・中村陸人だった。

決勝戦で先発した背番号18・中村陸人は6月にひじを負傷。本格的に投球を再開したのが秋季大会の直前の10月だった。

準決勝の国士舘戦で春以来の先発マウンドに立ち、好投した。中村陸人は「そろそろ青木を助けたいと思っていた」と語っていた。

背番号18の中村は、決勝戦で敗れ、泣き崩れるエース青木の肩を支えた。ここまで佼成学園を大黒柱として支え、勝ち進んだのは「青木、お前のおかげだ」と。

秋を終え、佼成学園は東京の「21世紀枠」に選出されるもセンバツ出場は叶わなかった。

第100回目の夏が来た

私は、佼成学園・青木翼に注目していた。冬を越え、春季大会での活躍をインターネットで追いかけていた。

「センバツ甲子園」、あとアウト3つで叶ったはずの夢舞台。秋から半年、いよいよ第100回目の夏が来た。

佼成学園のベンチ入りメンバーを知った。

背番号1・中村陸人。

背番号10・青木翼。

青木は背番号1から背番号10に。

中村が背番号1になっていた。

初戦を突破した佼成学園、次戦で待ち受けていたのは昨年ベスト4の八王子高校だった。

夏・八王子高校vs佼成学園

2018年7月15日(日)、立川球場。

西東京大会屈指の好カード・佼成学園と八王子高校の試合を観戦しようと、球場には立ち見多数、外野席も埋まった。

佼成学園の先発は、背番号1・中村陸人。3点は奪われるものの、粘り強く好投を続けた。

試合は接戦、八王子3-1佼成学園で迎えた8回表。ついにブルペンで準備をしていた背番号10の青木翼がマウンドへ上がった。

あの秋の決勝戦、無念の降板を果たした元エースがマウンドに。

そして、マウンド上、先発の背番号1・中村陸人が、ブルペンから来た青木翼の胸をポンと叩いた。「頼むぞ」という思いを込めて。

青木翼が舞台にあがった。青木は、マウンドに立つとバックスクリーンの方向を向き、2~3秒目を閉じた。想いを巡らせた。

そこからは「圧巻」だった。8回・9回と2イニングを見事なピッチング。観るものを熱くさせる想いの込もった投球だった。

夏は終わらせない。

3-1と2点を追う9回裏、佼成学園の攻撃。4番・松下豪佑がヒットを放つなどし、3-2。

9回裏、あと1点。ベンチからの声、三塁側応援席からの声が立川球場に響きわたった。

佼成学園は、代打を起用。固唾を飲んだ。俺たちの夏は終わらせない。

試合終了。佼成学園は3-2で八王子高校の敗れた。歓喜に沸く八王子、涙が溢れる佼成学園。

試合後、佼成学園のメンバー達のもとを訪ねた。泥だらけのユニホーム、顔は泥だらけ。

その顔に涙がつたっていた。

青木翼がいた。青木は、背番号1・中村陸人の肩を支えていた。

秋、あの決勝戦で、中村が青木の肩を支えていた時のように。

中村は号泣していた。青木は柔らかな表情で震える青木の肩を抱いていた。支え合って過ごした佼成学園の夏が終わった。

秋、あとアウト3つ。甲子園のキップをつかむことができなかった佼成学園・青木翼。

帽子の裏に書いてあったのは「信じろ」。

アウト3つが取れず、つかめなかった甲子園のキップ。

この最後の夏、青木翼が合言葉にしてきたのは「信じろ」だった。

スポンサー リンク