【進路】宮口大輝(明石商業)は天理大学へ進学|高校時代エピソード

【進路】宮口大輝(明石商業)は天理大学へ進学

宮口大輝(明石商業)は、2020年春に天理大学へ進む。

下では、主に高校時代におけるエピソード等を紹介する。



《高校時代のエピソード》

◉2019年のセンバツベスト4、夏の甲子園ベスト4を経験した右腕投手。

◉高校3年時の2019年夏の兵庫大会はベンチ入りメンバーに選ばれず。その後、夏の甲子園では背番号12でベンチ入りした。

◉2018年の秋季近畿大会では、勝てばセンバツ当確となる準々決勝・報徳学園戦で先発し、4安打完封。当時背番号10。

◉この試合後、宮口は「(報徳学園戦で)先発を告げられて(1学年下のエース)中森俊介ではなくて自分ということで勝てば甲子園にも一歩、近づくので意地を見せるならこの報徳戦かなと思っていた。狭間監督から『練習試合のつもりで気楽に投げろ』と言われていた。0-0が続いていたけど、後ろには中森もいるので思いきり腕を振って投げました」と当時コメントしている。

◉幼少時代は、水泳。平泳ぎが得意で、肩の筋肉の柔軟性が養われた。

スポンサー リンク