【更新】DeNA梶谷隆幸 FA権行使で巨人入団 4年8億円規模(人的補償・年俸ランクB)

DeNA梶谷隆幸 FA権行使で巨人入団 4年8億円規模(人的補償・年俸ランクB)

※巨人・田中俊太が国内FAで巨人入りした梶谷隆幸の人的補償でDeNAに移籍へ(12/18)

国内FA権を行使した横浜DeNAベイスターズ 梶谷隆幸は、2020年12月11日、巨人に入団することが決定。FA交渉では、最大4年総額8億円規模・背番号13という条件を提示されていた。

2020年の年俸は7400万円となり、FA交渉における「年俸ランクB」となる。DeNAは巨人に対して「人的補償+年俸の40%=2960万円 or 年俸の60%=4440万円」を求めることができる。

梶谷は、プロ14年目の2020年シーズンでは、開幕から1番中堅で活躍。109試合に出場し、打率.323で規定打席到達では初の3割超えで首位打者を争った。

【FA権の交渉状況・更新中】ランク:B
・国内FA権を行使し、巨人(最大4年総額8億円・背番号13)に入団
 →巨人はDeNAに人的補償+年俸の40% or 年俸の60%
 →巨人 田中俊太が人的補償でDeNAに移籍へ
→FA権交渉 12球団の最新状況はこちら



国内FA権行使における交渉経緯

2020年12月11日(金)、DeNAは梶谷の退団を、巨人は獲得をそれぞれ発表。以下のコメントを発表した。

「14年間在籍した球団には本当に心から感謝しています。また、FA権を取得することができたのは、チームの皆さんのおかげだと思っています。ファンの皆さまには、良い時も悪い時も14年もの長い期間応援していただきありがとうございました。思い出としては、満員の横浜スタジアムで出場した際に盛大な拍手を送っていただいたことです。特に調子が悪い時であっても、代打での出場時にファンの皆さまから大きな声援と拍手を頂いたことはとてもうれしかったです。本当に感謝しています」

◆11月27日(金)、国内FA権の行使を表明。以下のコメントを発表した。

「今日の午前中に、FAの書類を球団の方に提出いたしました。まず宣言しても残留というのは球団が認めて下さっているので、その中で他球団の評価も聞きたいなということで宣言をしました」

梶谷隆幸のプロフィール

出身地:島根県松江市
生年月日:1988年8月28日(32歳)
投打:右投左打
ポジション:遊撃手→外野手
出身校:開星高校
プロ入り:2006年 高校生ドラフト3巡目
年俸:7,400万円(2020年)



FA宣言に関するスケジュールやルール

【FA宣言に関する2020年スケジュール】
①FA宣言期間は、日本シリーズ終了翌日となる11月26日(木)から土日を除く7日間。②期限は12月4日(金)となり、12月5日(土)に「FA宣言選手」として公示。翌日の12月6日(日)から全球団との交渉が可能となる。

FA宣言選手は球団年俸順位でAランク(1~3位)、Bランク(4~10位)、Cランク(11位以下)にランク分けされ、ランクによって旧球団への補償内容が異なる。

【FA権の年俸A〜Cランクと補償内容】
・Aランク 1〜3位 :人的補償+年俸の50% or 年俸の80%
・Bランク 4〜10位 :人的補償+年俸の40% or 年俸の60%
・Cランク 11位以下:人的補償、金銭補償ともに不要
※年俸ランクは外国人選手を除く
※人的補償選手は、プロテクト28人と外国人選手、ドラフト新人を除く