【更新】DeNA 梶谷隆幸 国内FA権行使を表明(交渉状況・年俸ランク 2020年)

DeNA 梶谷隆幸 FA権利の交渉状況(2020年オフ)

横浜DeNAベイスターズ 梶谷隆幸のFA権に関する交渉状況を特集する。

11月27日(金)、国内FA権の行使を表明。「今日の午前中に、FAの書類を球団の方に提出いたしました。まず宣言しても残留というのは球団が認めて下さっているので、その中で他球団の評価も聞きたいなということで宣言をしました」とコメント。

球団側は、「FA宣言を表明した上での残留」を認めている。プロ14年目の2020年シーズンはは開幕から1番中堅で活躍。109試合に出場し、打率.323で規定打席到達では初の3割超えで首位打者を争った。

【FA権の交渉状況・更新中】ランク:B
・国内FA権の行使 →巨人が調査へ
→FA権交渉 12球団の最新状況はこちら

梶谷隆幸のプロフィール

出身地:島根県松江市
生年月日:1988年8月28日(32歳)
投打:右投左打
ポジション:遊撃手→外野手
出身校:開星高校
プロ入り:2006年 高校生ドラフト3巡目
年俸:7,400万円(2020年)



FA宣言に関するスケジュールやルール

【FA宣言に関する2020年スケジュール】
①FA宣言期間は、日本シリーズ終了翌日となる11月26日(木)から土日を除く7日間。②期限は12月4日(金)となり、12月5日(土)に「FA宣言選手」として公示。翌日の12月6日(日)から全球団との交渉が可能となる。

FA宣言選手は球団年俸順位でAランク(1~3位)、Bランク(4~10位)、Cランク(11位以下)にランク分けされ、ランクによって旧球団への補償内容が異なる。

【FA権の年俸A〜Cランクと補償内容】
・Aランク 1〜3位 :人的補償+年俸の50% or 年俸の80%
・Bランク 4〜10位 :人的補償+年俸の40% or 年俸の60%
・Cランク 11位以下:人的補償、金銭補償ともに不要
※年俸ランクは外国人選手を除く
※人的補償選手は、プロテクト28人と外国人選手、ドラフト新人を除く

スポンサー リンク