【更新】プロ野球 FA宣言 交渉状況・ランク・期限日程 2020年

プロ野球 FA宣言 2020年

プロ野球 2020年におけるFA権の有資格者は、合計97名。※NPBが11月17日(火)に公示

①FA宣言期間は、日本シリーズ終了翌日となる11月26日(木)から土日を除く7日間。②期限は12月4日(金)で、12月5日(土)にFA宣言選手として公示。翌12月6日(日)から全球団との交渉が可能に。

【FA権の年俸A〜Cランクと補償内容】
球団年俸順位で旧球団への補償内容が異なる》
・Aランク 1〜3位 :人的補償+年俸の50% or 年俸の80%
・Bランク 4〜10位 :人的補償+年俸の40% or 年俸の60%
・Cランク 11位以下:人的補償、金銭補償ともに不要
※年俸ランクは外国人選手を除く
※人的補償選手は、プロテクト28人と外国人選手、ドラフト新人を除く




【国内FA・海外FA権の主な交渉状況】(更新)
①FA権の行使を表明した選手—————————-
・DeNA 梶谷隆幸(B):国内FA権・行使表明 →巨人調査
・DeNA 井納翔一(C):国内FA権・行使表明 →ヤクルト・巨人調査
・ロッテ 沢村拓一(A):海外FA権・行使表明へ →メジャーor国内or残留
②熟慮中の選手——————————————-
・ヤクルト 小川泰弘(B):国内FA権・残留交渉中(4年8億円規模)
・西武 増田達至(B):国内FA権・残留交渉中(4年12億円規模) →巨人調査
・日本ハム 西川遥輝(A):国内FA権・ポスティング検討 →巨人調査
・楽天 島内宏明(B):国内FA権・残留の方向で交渉中
・ロッテ 唐川侑己(C):国内FA権・行使を検討
・ロッテ 松永昂大(B):国内FA権・行使を検討
・ロッテ 荻野貴司(B):国内FA権・行使を検討
・ロッテ 清田育宏(C):国内/海外FA権・熟慮中
・ソフトバンク 長谷川勇也(C):海外FA権・行使を検討
③残留表明・残留の見通しの選手————————-
・ヤクルト 山田哲人(A):国内FA権・行使せず残留(7年40億円規模)
・ヤクルト 石山泰稚(B):国内FA権・行使せず残留(4年7億円規模)
・中日 大野雄大(A):国内FA権・行使せず残留(3年10億円規模)
・阪神 岩田稔(C):国内FA権・行使せず残留へ
・広島カープ 田中広輔(B):国内FA権・行使せず残留(2年4億円規模)
・広島カープ 松山竜平(B):海外FA権・行使せず残留へ
・楽天 塩見貴洋(C):国内FA権・行使せず残留
・楽天 岡島豪郎(C):国内FA権・行使せず残留へ
・日本ハム 杉谷拳士(C):国内/海外FA権・行使せず残留へ
・オリックス 松井雅人(C):国内FA権・行使せず残留へ

==2020年シーズンオフの特集ページ一覧====
◆戦力外通告・現役引退・退団選手の去就など
◆トレード移籍・新外国人選手など戦力補強状況
◆大リーグ・ポスティングシステムの交渉状況
◆2021年の契約更改・年俸特集(全12球団)
◆ドラフト新入団選手の契約金・年俸・背番号
===================================



FA権保有者・ランク一覧 セリーグ 2020年

※★=2020年シーズン取得者(2020年11月17日公示)

巨人
[国内FA権] 鍵谷陽平★(C)、菅野智之(A)
[海外FA権] 大竹寛★(C)、中島宏之(C)、亀井善行(B)、坂本勇人(A)

阪神タイガース
[国内FA権] 岩田稔★(C)、俊介(C)、上本博紀=退団(B)
[海外FA権] 糸井嘉男★(A)、福留孝介=退団(B)、能見篤史=退団(B)、藤川球児=引退(A)、中田賢一(C)

中日ドラゴンズ
[国内FA権] 大野雄大★(A)、吉見一起=引退(B)
[海外FA権] 谷元圭介★(B)、藤井淳志(C)、堂上直倫(C)、平田良介(A)、山井大介(C)、大島洋平(A)

横浜DeNAベイスターズ
[国内FA権] 梶谷隆幸★(B)、ロペス=退団★、井納翔一★(C)、伊藤光(B)、藤岡好明=戦力外(C)
[海外FA権] 石川雄洋=退団(C)

広島カープ
[国内FA権] 田中広輔★(B)、菊池涼介(A)、野村祐輔(B)
[海外FA権] 會澤翼★(A)、松山竜平★(B)、石原慶幸=引退(C)、小窪哲也=退団(C)、長野久義(B)

ヤクルト
[国内FA権] 小川泰弘★(B)、荒木貴裕★(C)、石山泰稚★(B)、山田哲人★(A)、近藤一樹=戦力外(B)
[海外FA権] 中村悠平★(B)、上田剛史=戦力外★(C)、五十嵐亮太=引退(C)、石川雅規(B)、坂口智隆(A)、雄平(B)、嶋基宏(B)、川端慎吾(C)、青木宣親(A)



FA権保有者・ランク一覧 パリーグ 2020年

※★=2020年シーズン取得者(2020年11月17日公示)

ソフトバンク
[国内FA権] 森唯斗★(A)、柳田悠岐(A)
[海外FA権] 今宮健太★(B)、バレンティン★、中村晃★(B)、内川聖一=退団(B)、松田宣浩(A)、髙谷裕亮(C)、明石健志(C)、長谷川勇也(C)、川島慶三(C)

千葉ロッテ
[国内FA権] 松永昂大★(B)、益田直也(A)、荻野貴司(B)、大谷智久=戦力外(C)
[海外FA権] 清田育宏★(C)、澤村拓一★(A)、細川亨=引退(C)、角中勝也(B)、鳥谷敬(C)、唐川侑己(C)

西武ライオンズ
[国内FA権] 金子侑司★(B)、熊代聖人★(C)、増田達至★(B)、松坂大輔(C)
[海外FA権] 栗山巧★(B)、内海哲也(B)

楽天イーグルス
[国内FA権] 島内宏明★(B)、塩見貴洋★(C)、岡島豪郎★(C)、牧田和久(B)
[海外FA権] 銀次★(B)、藤田一也(C)、青山浩二=戦力外(C)、渡辺直人=引退(C)、久保裕也=引退(C)

日本ハム
[国内FA権] 西川遥輝★(A)、吉川光夫(C)
[海外FA権] 杉谷拳士★(C)、中島卓也★(B)、金子弌大(B)、宮西尚生(A)、中田翔(A)

オリックス
[国内FA権] 松井雅人★(C)、安達了一(B)
[海外FA権] T-岡田(B)、山崎勝己=引退(C)



FA権行使後の交渉結果 2019年

2019シーズンにおける国内FA/海外FA権利を行使した選手の交渉状況は以下の通り。

<国内FA権を行使した選手>
・西武 十亀剣→残留 2019/11/20
・ソフトバンク 福田秀平 → ロッテへ 2019/12/16
・楽天 則本昂大 → 残留 2019/12/24
・楽天 美馬学 → ロッテへ 2019/12/3
・ロッテ 鈴木大地 → 残留 2019/11/27

<海外FA権を行使した選手>
・西武 秋山翔吾→ MLBレッズ

フリーエージェント(FA)とは

FAとは、いずれの球団とも選手契約を締結できる権利を持つ選手のことをいい、①国内FAと②海外FAがある。

①国内FA:NPB組織のいずれの球団とも選手契約を締結できる権利

②海外FA:外国のいかなるプロ野球組織の球団も含め、国内外のいずれの球団とも選手契約を締結できる権利



FA宣言の有資格者とは

セ、パ各リーグの年度選手権試合期間中に145日以上出場選手登録されたシーズンを1シーズンとして計算する。

①合計8シーズンに達したときに「国内FA」となる資格を取得。ただし、2007年以降のドラフトで入団した大学生・社会人選手は、7シーズンで資格を取得する。

②合計9シーズンに達したときに「海外FA」となる資格を取得。ただし、それ以前に国内FAの権利を行使した場合を除く。

【留意事項】
・出場選手登録日数が145日に満たないシーズンがある場合は、それらのシーズンの出場選手登録日数をすべて合算し、145日に達したものを1シーズンとして計算する。

・一度FAの権利を行使し、その後NPB組織のいずれかの球団と契約した選手は、出場選手登録が4シーズンに達したときに「海外FA」となる資格を取得する。

・故障者特例措置や投手の登録日数加算に関する特例措置などにより登録日数を加算する場合がある。

FA宣言を行うプロセス

①FAの資格を取得した選手は、日本シリーズが終了した日の翌日から土、日、祭日を除く7日間以内に、FAの権利を行使するかどうかを表明する。

②その後、上記期間を経た翌日に、「FA宣言選手」として公示。公示の翌日から旧球団を含めいずれの球団とも次年度選手契約締結交渉を行うことができる。

③FA宣言選手は旧球団の年俸順位でAランク(1~3位)、Bランク(4~10位)、Cランク(11位以下)にランク分けされ、ランクによって旧球団への補償内容が異なる。

【FA権のランクと補償内容】
・Aランク 1〜3位 :人的補償+年俸の50% or 年俸の80%
・Bランク 4〜10位 :人的補償+年俸の40% or 年俸の60%
・Cランク 11位以下:人的補償、金銭補償ともに不要

==2020年シーズンオフの特集ページ一覧====
◆戦力外通告・現役引退・退団選手の去就など
◆国内FA権・海外FA権の宣言行使・交渉状況
◆トレード移籍・新外国人選手など戦力補強状況
◆大リーグ・ポスティングシステムの交渉状況
◆2021年の契約更改・年俸特集(全12球団)
◆ドラフト新入団選手の契約金・年俸・背番号
===================================

スポンサー リンク