【オリックス】新戦力・新外国人補強・戦力外通告・FA・トレード移籍

新外国人・戦力外通告・FA宣言などを特集

《新着》マリナーズ・平野佳寿がオリックス復帰。1年契約で年俸1.5億円、背番号16(2/6)

オリックスおける新戦力・補強(新外国人・トレード移籍等)・戦力外通告・引退退団・トライアウト等を特集する。

《主な特集内容》
・新外国人・新戦力補強選手リスト(NEWS・年俸)
・戦力外・現役引退・退団・自由契約(去就・結果
・国内FA権/海外FA権の権利保有者・行使結果
・ドラフト会議指名選手一覧(2020・2019)
・新外国人選手・新戦力選手の横顔プロフィール

◆NEWS:最新の新外国人・新戦力の獲得状況
・2/6 マリナーズ 平野佳寿投手[マリナーズ FA] →獲得
・1/8 楽天 ロメロ [自由契約] →獲得 
・12/18 ソフトバンク 田城飛翔[戦力外] →獲得 
・12/8 阪神 能見篤史[阪神退団] →獲得 
・8/28 交換トレード:阪神・飯田優也⇄オリックス・小林慶祐

◆新外国人選手・新戦力補強リスト一覧(年俸)
・平野佳寿(元マリナーズ):1年契約で1億5000万 ※オリ入団時
・ステフェン・ロメロ(元楽天):1年契約で1億3000万 ※オリ入団時
田城飛翔(元ソフトバンク):300万 ※オリ入団時
・能見篤史(元阪神):1年契約で3500万
・アダム・ジョーンズ(前ダイヤモンドバックス):2年総額8億8000万+出来高
・タイラー・ヒギンス(前パドレス3A):1年契約で7000万+出来高
・アデルリン・ロドリゲス(前パドレス3A):1年契約で7000万+出来高
・飯田優也(前阪神):1600万



戦力外通告・引退・退団選手の去就・結果

【戦力外通告・現役引退・退団選手の去就】
・オリックス A.アルバース(35) [自由契約 12/2]
・オリックス A.ロドリゲス(29) [自由契約 12/2]
・オリックス 近藤大亮(29)  [戦力外 11/26] →育成契約締結
・オリックス 西浦颯大(21)  [戦力外 11/26] →育成契約締結
・オリックス 東明大貴(31)  [戦力外 11/4] →トライアウト参加
・オリックス 左沢優(25)   [戦力外 11/4] →打撃投手へ
・オリックス 飯田大祐(30)  [戦力外 11/4] →ブルペンコーチ補佐へ
・オリックス 白崎浩之(30)  [戦力外 11/4] →トライアウト参加→大分B-リングス
・オリックス 小島脩平(33)  [戦力外 11/4] →打撃コーチへ
・オリックス 比屋根彰人(21) [戦力外 11/4]
・オリックス 松井佑介(33)  [戦力外 11/4] →打撃コーチへ
・オリックス 根本薫(22)   [戦力外 11/4]
・オリックス 山崎勝己(38)  [現役引退 11/4] →バッテリーコーチへ



国内/海外FA権の保有者・宣言行使・交渉結果

【国内FA権/海外FA権の保有者】2020年
[国内FA権] 松井雅人★(C)、安達了一(B)
[海外FA権] T-岡田(B)、山崎勝己=引退(C)

【国内FA権/海外FA権の交渉状況・結果】
・オリックス 松井雅人(C):国内FA・行使せず残留

【FA権の年俸A〜Cランクと補償内容】
・Aランク 1〜3位 :人的補償+年俸の50% or 年俸の80%
・Bランク 4〜10位 :人的補償+年俸の40% or 年俸の60%
・Cランク 11位以下:人的補償、金銭補償ともに不要
※年俸ランクは外国人選手を除く
※人的補償選手は、プロテクト28人と外国人選手、ドラフト新人を除く



ドラフト会議 指名選手一覧

[特集]ドラフト新入団選手の契約金・年俸・背番号

 [順位・背番号・名前・契約金/年俸・守備・出身]
1位 12 山下舜平大 8000万/700万(投・福大大濠)
2位 27 元謙太   6000万/650万(外・中京)
3位 38 来田涼斗  5000万/500万(外・明石商)
4位 37 中川颯   5000万/900万(投・立大)
5位 62 中川拓真  3000万/450万(捕・豊橋中央)
6位 45 阿部翔太  2500万/880万(投・日本生命)
————育成———————————–
1位 011 川瀬堅斗  300万/240万(投・大分商)
2位 012 辻垣高良  300万/240万(投・学法福島)
3位 013 宇田川優希 300万/240万(投・仙台大)
4位 014 釣寿生   300万/240万(捕・京都国際)
5位 015 佐野如一  300万/240万(外・仙台大)
6位 016 古長拓   300万/240万(内・BC福島)

◆2019年 ドラフト指名選手◆
 [順位・背番号・名前・契約金/年俸・守備・出身]
1位 13  宮城大弥  8000万/  770万(投・興南) 
2位 24  紅林弘太郎 6000万/  720万(内・駿河総合)
3位 22  村西良太  5500万/1000万(投・近畿大)
4位 43  前佑囲斗  4000万/  550万(投・津田学園)
5位 00  勝俣翔貴  3000万/  800万(内・国際武道大)
育成1位 001 佐藤一磨  330万/240万(投・横浜隼人)
育成2位 002 谷岡楓太  330万/240万(投・武田)
育成3位 003 中田惟斗  330万/240万(投・大阪桐蔭)
育成4位 004 平野大和  330万/240万(外・日章学園)
育成5位 005 鶴見凌也  330万/240万(捕・常磐大高)
育成6位 006 大下誠一郎 340万/240万(外・白鴎大)
育成7位 007 佐藤優悟  330万/240万(外・仙台大)
育成8位 008 松山真之  330万/240万(投・富山サンダーバーズ)



新戦力・新外国人選手の横顔プロフィール

◉平野佳寿投手(36=前マリナーズ)
マリナーズからFA、オリックスへ復帰。1年契約で、年俸1億5000万円プラス出来高払い、背番号は16。京都産業大学から2006年にオリックスに入団。2018年に大リーグ、ダイヤモンドバックス入り。マリナーズでプレーした2020年は新型コロナウイルス感染のため出遅れ、13試合に投げて0勝1敗4セーブ。メジャー通算は150試合で9勝9敗8セーブ、防御率3.69。

◉ステフェン・ロメロ(32=前楽天)
楽天から2020年オフに自由契約。オリックスには2シーズンぶりの復帰。1年契約の年俸1億3000万円プラス出来高払い、背番号69。2017年にオリックスに入団。2020年は楽天で打率・272、24本塁打、63打点の記録。

◉田城飛翔(21=前ソフトバンク)
2020年11月にソフトバンクから戦力外通告。その後、トライアウトに参加。12月にオリックスが育成契約での獲得を発表。背番号は127、年俸は300万。2017年の育成ドラフト3位で八戸学院光星からソフトバンクに入団。2019年シーズンは3、4月のファーム月間MVPに選ばれると、シーズン108安打でウエスタン・リーグ最多安打のタイトルを獲得。打率.307で2位の好成績を挙げ、支配下選手登録も検討された。2020年は打撃不振から37試合の出場に止まり打率.200。

◉能見篤史投手(41=前阪神)
阪神を自由契約。その後、2020年12月にオリックスへ入団。投手コーチを兼任で、背番号は26。2020年シーズンは34試合の登板で、1勝0敗1セーブ、防御率4.74。鳥取城北から大阪ガスを経て、ドラフト自由獲得枠で2005年に阪神入り。5度の2桁勝利をマーク。12年に最多奪三振のタイトルに輝き、13年のWBC日本代表。通算成績は443試合登板で104勝93敗2セーブ、防御率は3.34。単年契約で年俸は3500万円。

◉飯田優也投手(31=前阪神)
1990年11月27日生まれ、兵庫県出身。神戸弘陵-東農大北海道オホーツクを経て12年育成ドラフト3位でソフトバンク入り。18年7月26日に現ソフトバンク松田遼馬との交換トレードで阪神へ移籍。150キロを超える力のある直球を軸に、スライダーやフォークなど多彩な変化球も操る。プロ通算101試合に登板し、4勝6敗10ホールド、防御率は3.61。年俸1600万円。

◉タイラー・ヒギンス投手(28=前パドレス3A)
単年契約で年俸7000万円プラス出来高。右投げ右打ちの米国人投手。マイナーでリリーフとして活躍。マイナー通算で、264試合に登板して18勝20敗15セーブ、防御率3.78。背番号は52。

◉アデルリン・ロドリゲス内野手(28=前パドレス3A)
単年契約で年俸7000万円プラス出来高。ドミニカ共和国出身で右投げ右打ち。マイナー通算174本塁打。背番号42。

◉アダム・ジョーンズ外野手(34=前ダイヤモンドバックス)
メジャー通算282本塁打。2年総額で約8億8000万円プラス出来高2億2000万円。背番号は10。ダイヤモンドバックス移籍1年目の今季は137試合で打率2割6分、11年連続の2桁となる16本塁打、67打点をマーク。08年に移籍したオリオールズでオールスター戦に5度選出されるなど球団の顔として活躍。

De 広島 中日 西 SB ロッ ハム  

◆プロ野球・戦力外・FA・新戦力特集ページ
・戦力外通告・現役引退・退団選手の去就など
・国内FA権・海外FA権の宣言行使・交渉状況
・トレード移籍・新外国人選手など補強状況
・大リーグ・ポスティングシステムの交渉状況
・2021年の契約更改・年俸特集(全12球団)
・ドラフト新入団選手の契約金・年俸・背番号