【ロッテ】戦力外通告・FA・トレード移籍・新外国人補強など 2020年

ロッテ 戦力外通告・FA・トレード・新外国人など 2020年

千葉ロッテの戦力外通告・引退、補強(新外国人・トレード移籍等)を特集する。

戦力外通告期間は11月2日(月)から日本シリーズ終了翌日(移動を伴う球団は翌々日)まで。トライアウトは12月7日(月)に開催予定。TBS「戦力外通告 クビを宣告された男達」は12月29日(火)夜11時10分から放送予定。

FA宣言期間は、日本シリーズ終了翌日となる11月26日(木)から土日を除く7日間。期限は12月4日(金)となり、12月5日(土)に「FA宣言選手」として公示。翌日の12月6日(日)から全球団との交渉が可能。

◆戦力外通告・現役引退・退団選手の去就
・ロッテ 原嵩(22) [戦力外 11/26] →育成契約
・ロッテ 森遼大朗(21) [自由契約 11/26] →育成再契約
・ロッテ 高濱卓也(31) [自由契約 11/26] →育成再契約
・ロッテ 大谷智久(35)  [戦力外 11/9] →現役続行希望
・ロッテ 渡辺啓太(27)  [戦力外 11/6] →現役続行希望
・ロッテ 三家和真(27)  [戦力外 11/6]
・ロッテ 鎌田光津希(25) [戦力外 11/6]
・ロッテ 内竜也(35)   [戦力外 11/4] →トライアウトへ
・ロッテ 細川亨(40)   [戦力外 11/4] →現役引退
・ロッテ 細谷圭(31)   [戦力外 11/4]




◆国内FA権・海外FA権の交渉状況
・ロッテ 沢村拓一(A):海外FA・行使へ(メジャー挑戦)
・ロッテ 唐川侑己(C):国内FA・行使を検討
・ロッテ 松永昂大(B):国内FA・行使を検討

・ロッテ 荻野貴司(B):国内FA・行使を検討
・ロッテ 清田育宏(C):国内/海外FA・熟慮中

◆トレード移籍・新外国人獲得など最新ニュース
・9/21 新戦力:ロッテがチェン・ウェイン投手を獲得
・9/7 交換トレード:巨人の沢村拓一投手⇄ロッテの香月一也内野手

◆新外国人・トレード移籍など新戦力補強状況
・チェン・ウェイン(前中日・大リーグ):年俸不明
・沢村拓一(前巨人):巨人在籍時は1億5400万円
・フランク・ハーマン(前楽天):年俸8800万
・ジェイ・ジャクソン(前広島):年俸1億2000万
・福田秀平(前ソフトバンク):4年総額6億(出来高含)
・美馬学(前楽天):3年総額5億円8(出来高含)
・小野郁(前楽天):年俸600万
・西巻賢二(前楽天):年俸580万
・ホセ・アコスタ(ドミニカ出身):育成 年俸240万
・ホセ・フローレス(ベネズエラ出身):育成 年俸500万
・エドワード・サントス(ドミニカ出身):育成 年俸500万
・鳥谷敬(前阪神):1年契約の1600万円



国内/海外FA権の保有者(2020年)

[特集]国内FA権・海外FA権の宣言行使・交渉状況

※★=2020年シーズン取得者(2020年11月17日公示)

[国内FA権] 松永昂大★(B)、益田直也(A)、荻野貴司(B)、大谷智久=戦力外(C)
[海外FA権] 清田育宏★(C)、澤村拓一★(A)、細川亨=引退(C)、角中勝也(B)、鳥谷敬(C)、唐川侑己(C)

【FA権の年俸A〜Cランクと補償内容】
・Aランク 1〜3位 :人的補償+年俸の50% or 年俸の80%
・Bランク 4〜10位 :人的補償+年俸の40% or 年俸の60%
・Cランク 11位以下:人的補償、金銭補償ともに不要
※年俸ランクは外国人選手を除く
※人的補償選手は、プロテクト28人と外国人選手、ドラフト新人を除く



ドラフト会議 指名選手(2020年) 

[特集]ドラフト新入団選手の契約金・年俸・背番号

 [順位・背番号・名前・契約金/年俸・守備・出身]
1位  鈴木昭汰  —万/—万(投・法大)     
2位  中森俊介  6000万/720万(投・明石商) 
3位  小川龍成  —万/—万(内・国学院大) 
4位  河村説人  4500万/800万(投・星槎道都大) 
5位  西川僚祐  3000万/500万(外・東海大相模) 
————育成———————————–
1位  谷川唯人  300万/230万(捕・立正大淞南) 
2位  小沼健太  300万/300万(投・BC茨城) 
3位  山本大斗  300万/230万(外・開星) 
4位  佐藤奨真  300万/300万(投・専大) 



新外国人選手・トレード移籍ほか(2020年)

チェン・ウェイン投手(35=前中日・大リーグほか)
1985年7月21日、台湾生まれ。03年に国立体育学院から中日に入団。NPBでは通算127試合で36勝30敗1セーブ、防御率2.59。11年オフに中日を自由契約となり、12年に米メジャー・オリオールズ。16年にマーリンズと契約。今季はマリナーズとマイナー契約を結んだが、6月末に自由契約。メジャー通算成績は219試合で59勝51敗、防御率4.18。

◉沢村拓一投手(32=前巨人)
1988年4月3日、栃木市生まれ。佐野日大から中大を経て10年ドラフト1位で巨人に入団。1年目から29試合に登板し、11勝11敗、防御率2.03の成績を残し、新人王を獲得。プロ通算10年で330試合に登板し、48勝50敗、74セーブ、防御率2.79。今季推定年俸1億5400万円

◉エドワード・サントス投手(30=ドミニカ出身)
育成契約。背番号は130。ドミニカ共和国出身。188センチ、108キロの大型右腕。

◉ホセ・アコスタ投手(26=ドミニカ出身)
育成契約

◉ホセ・フローレス投手(30=ベネズエラ出身)
育成契約

◉フランク・ハーマン投手(35=前楽天)
日本では153試合で10勝7敗19セーブ66ホールド、防御率2.59。1メートル93、100キロ。

◉ジェイ・ジャクソン投手(32=前広島)
単年契約で年俸1億2000万円。広島での日本通算成績は3年間で175試合に登板し、10勝8敗2セーブ、92ホールド、防御率2.10。今季はブルワーズでプレー。

◉福田秀平外野手(30=前ソフトバンク)
FA移籍。4年4億8000万円プラス出来高。背番号7。

◉美馬学投手(33=前楽天)
FA移籍。出来高を含め3年5億円。背番号15。

◉小野郁投手(23=前楽天)
ロッテと楽天間の人的補償で移籍。国内FA移籍した鈴木大地内野手(30=ロッテから楽天へ移籍)、美馬学投手投手(33=楽天からロッテへ移籍)の人的補償として、ロッテは楽天から小野郁投手(23)を、楽天はロッテから酒居知史投手(26)を獲得。

◉西巻賢二内野手(20=前楽天)
楽天を戦力外となり11月13日から鴨川秋季キャンプにテスト生として参加し、入団。

◉鳥谷敬内野手(38=前阪神)
単年契約で、年俸は1軍最低保障額の1600万円。背番号は「00」。



戦力外通告・退団・現役引退など(2019年)

・涌井秀章(33)→金銭トレードで楽天移籍
・酒居知史(26)→美馬学のFA人的補償で楽天移籍
・鈴木大地(30)→FA宣言→楽天移籍
・ブランドン・マン(35)→退団
・ジョシュ・レイビン(31)→退団
・マイク・ボルシンガー(31)→退団
・ケニス・バルガス(29)→退団
・大嶺祐太(31)→戦力外通告→育成契約
・阿部和成(30)→戦力外通告→現役引退→2軍サブマネジャー
・関谷亮太(28)→戦力外通告→現役引退→打撃
・島孝明(21)→戦力外通告→育成契約打診→現役引退→大学進学希望
・福浦和也(43)→現役引退→2軍ヘッド兼打撃コーチ
・李杜軒(31)→戦力外通告→琉球ブルーオーシャンズ
・高浜卓也(30)→戦力外通告→育成契約
・大木貴将(27)→戦力外通告→一般企業就職希望
・伊志嶺翔大(31)→戦力外通告→1軍走塁・打撃補佐・外野守備コーチ補佐



ドラフト指名獲得選手(2019年)

【指名順位・名前・前所属・背番号・契約金/年俸】
1位:大船渡 佐々木朗希 17(1億+出来高5000万/1600万)
2位 佐藤都志也(捕・東洋大)32(7000万/1200万)
3位 高部瑛斗(外・国士舘大)38(6000万/1000万)
4位 横山陸人(投・専修大松戸)60(4000万/560万)
5位 福田光輝(内・法政大)40(4000万/880万)
育成1位 本前郁也(投・北翔大)120(300万/300万)
育成2位 植田将太(捕・慶応大)125(300万/300万)

==2020年シーズンオフの特集ページ一覧====
◆戦力外通告・現役引退・退団選手の去就など
◆国内FA権・海外FA権の宣言行使・交渉状況
◆トレード移籍・新外国人選手など戦力補強状況
◆大リーグ・ポスティングシステムの交渉状況
◆2021年の契約更改・年俸特集(全12球団)
◆ドラフト新入団選手の契約金・年俸・背番号
===================================

スポンサー リンク