【DeNA】新戦力・新外国人補強・戦力外通告・FA・トレード移籍

新外国人・戦力外通告・FA宣言などを特集

《新着》DeNAから戦力外の石川雄洋が現役引退(3/19)

横浜DeNAベイスターズおける新戦力・補強(新外国人・トレード移籍等)・戦力外通告・引退退団・トライアウト等を特集する。

《主な特集内容》
・新外国人・新戦力補強選手リスト(NEWS・年俸)
・戦力外・現役引退・退団・自由契約(去就・結果
・国内FA権/海外FA権の権利保有者・行使結果
・ドラフト会議指名選手一覧(2020・2019)
・新外国人選手・新戦力選手の横顔プロフィール

◆NEWS:最新の新外国人・新戦力の獲得状況
・3/15 新戦力:DeNAが宮国椋丞投手(元巨人)を獲得
・12/24 新外国人:DeNAがフェルナンド・ロメロ投手を獲得
・12/18 人的補償:DeNAが田中俊太(元巨人)をFA人的補償で獲得
・12/10 新戦力:DeNAがヤクルト戦力外の風張蓮と契約
・11/30 新外国人:DeNAがレミー・コルデロと育成契約更新
・11/30 新外国人:DeNAがジョフレック・ディアスと育成契約更新
・11/30 新外国人:DeNAがフランディー・デルロサと育成契約更新
・11/25 新外国人:DeNAがスターリン・コルデロ投手と契約
・11/21 新外国人:DeNAがケビン・シャッケルフォード投手を契約

◆新外国人選手・新戦力補強リスト一覧(年俸)
宮国椋丞(前巨人):840万 ※DeNA入団時
・フェルナンド・ロメロ(前ツインズ): 7500万
・田中俊太(前巨人):巨人在籍時は1700万 
風張蓮(前ヤクルト):1200万 ※DeNA入団時 
・レミー・コルデロ:育成契約を更新
・スターリン・コルデロ:育成契約
・ケビン・シャッケルフォード:育成契約
・タイラー・オースティン:1年契約で1億+出来高
・フランディー・デラロサ:育成 240万
・ジョフレック・ディアス:育成 240万
・マイケル・ピープルズ:1年契約で3500万+出来高
・高城俊人(前オリックス):1200万



戦力外通告・引退・退団選手の去就・結果

【戦力外通告・現役引退・退団選手の去就】
・DeNA パットン(32)  [退団 11/16] →現役続行希望
・DeNA ロペス(36)   [退団 11/16] →現役続行希望
・DeNA 赤間謙(29)   [戦力外 11/3] →現役引退
・DeNA 濱矢廣大(27)  [戦力外 11/3] →トライアウト参加→独立リーグ茨城
・DeNA 古村徹(27)   [戦力外 11/3] →トライアウト参加→現役引退
・DeNA 藤岡好明(35)  [戦力外 11/3] →2軍投手コーチ
・DeNA 松井飛雄馬(29) [戦力外 11/3] →トライアウト参加→スクールコーチ
・DeNA 石川雄洋(34)  [戦力外 11/3] →現役引退
・DeNA 百瀬大騎(23)  [戦力外 11/3] →現役引退



国内/海外FA権の保有者・宣言行使・交渉結果

【国内FA権/海外FA権の保有者】2020年
[国内FA権] 梶谷隆幸★→行使して巨人入団(B)、ロペス=退団★、井納翔一★→行使して巨人入団(C)、伊藤光(B)、藤岡好明=戦力外(C)
[海外FA権] 石川雄洋=退団(C)

【国内FA権/海外FA権の交渉状況・結果】
・DeNA 梶谷隆幸(B):国内FA権行使(人的補償等が必要)
 →巨人入団(4年総額8億円・背番号13)(12/14)
 →巨人はDeNAに人的補償+年俸の40% or 年俸の60%
 →巨人 田中俊太が人的補償でDeNAに移籍(12/18)
・DeNA 井納翔一(C):国内FA権行使(人的補償等が不要) 
 →ヤクルト(2年総額2億円・背番号15)を提示か(12/6)
 →巨人入団(2年総額2億円・背番号21)(12/14)

【FA権の年俸A〜Cランクと補償内容】
・Aランク 1〜3位 :人的補償+年俸の50% or 年俸の80%
・Bランク 4〜10位 :人的補償+年俸の40% or 年俸の60%
・Cランク 11位以下:人的補償、金銭補償ともに不要
※年俸ランクは外国人選手を除く
※人的補償選手は、プロテクト28人と外国人選手、ドラフト新人を除く



ドラフト会議 指名選手一覧

[特集]ドラフト新入団選手の契約金・年俸・背番号

 [順位・背番号・名前・契約金/年俸・守備・出身]
1位 22 入江大生  1億円/1600万(投・明大) 
2位 0牧秀悟       7700万/1300万(内・中大)
3位 40 松本隆之介 5000万/560万(投・横浜)
4位 44 小深田大地 4000万/560万(内・履正社)
5位 53 池谷蒼大  4000万/720万(投・ヤマハ)
6位 56 高田琢登  2500万/470万(投・静岡商)
————育成———————————–
1位 101 石川達也 300万/340万(投・法大)
2位 102 加藤大  300万/340万(投・横浜隼人)

◆2019年 ドラフト指名選手◆
 [順位・背番号・名前・契約金/年俸・守備・出身]
1位 06  森敬斗     1億円/1000万(内・桐蔭学園)
2位 20  坂本裕哉 7150万/1265万(投・立命館大)
3位 13  伊勢大夢 6000万/1000万(投・明治大)
4位 57  東妻純平 4180万/  620万(捕・智弁和歌山) 
5位 55  田部隼人 3080万/  520万(内・開星)
6位 61  蝦名達夫 2700万/  740万(外・青森大)
7位 54  浅田将汰 2090万/  475万(投・有明)



新戦力・新外国人選手の横顔プロフィール

宮国椋丞(28=前巨人)
DeNAと育成契約。2020年シーズンオフに巨人から戦力外通告、12球団合同トライアウトに参加。沖縄・糸満で育ち、糸満高校では甲子園出場はなし。2010年ドラフト2位で巨人入り。通算成績は205登板、21勝21敗1セーブ、防御率3.59。巨人在籍時の年俸は2740万円(2020年)、DeNA入団時は840万(2021年)、背番号は106。

◉フェルナンド・ロメロ投手(26=前ツインズ)
ドミニカ出身で、183センチ・104キロの右腕。年俸7500万円。2018年にツインズでメジャーデビューし、大リーグ通算成績は26試合で3勝4敗、防御率5.17。

◉田中俊太(27=前巨人)
国内FAで巨人に移籍したDeNA梶谷隆幸の人的補償でDeNAへ移籍。東海大相模から東海大学、日立製作所を経て、ドラフト5位で2018年に巨人入団。2020年シーズンは48試合出場で打率.265。広島カープの田中広輔は実兄。巨人では2021年の契約を済ませており、100万円減の年俸1700万円でサインしていた。DeNAでの背番号は38。

風張蓮投手(27=前ヤクルト)
2020年11月2日にヤクルトから戦力外通告。その後トライアウトに打者3人に対して無安打2奪三振の好投を見せ、DeNAが12月に獲得を発表。2014年にドラフト2位でヤクルトに入団。中継ぎ右腕として活躍し、2020年シーズンは11試合に登板して0勝0敗、防御率7.98。通算では88試合、2勝4敗5ホールド、防御率5.79を記録。DeNAでの背番号は64、2021年シーズンの年俸は1200万。

◉レミー・コルデロ投手(22)
育成契約を更新。ドミニカ共和国出身。左腕投手。2019年はルートインBCリーグ・信濃に派遣。2020年はルートインBCリーグ・神奈川へ派遣。

◉スターリン・コルデロ投手(22=前パドレス傘下)
パドレス傘下マイナー出身。育成選手契約。ドミニカ共和国出身で、身長201センチ、体重100キロ。メジャー登板はなく、マイナー5シーズンで通算80試合に登板し、8勝6敗5セーブ、防御率4.67をマーク。




◉ケビン・シャッケルフォード投手(31=前レッズ)
育成契約。2010年ドラフト21巡目(全体639位)でブルワーズ入団。14年レッズ移籍。17年にメジャーデビューし、26試合で0勝0敗、防御率4.70。18年6月にレッズを自由契約になり、その後は登板なし。

◉タイラー・オースティン内野手(28=前ブルワーズ3AからFA)
右打ちの大砲候補でメジャー通算33本塁打。1年契約で年俸は1億円プラス出来高

◉フランディー・デラロサ内野手(23)
育成契約。ドミニカ共和国出身で、レンジャーズ、ジャイアンツの傘下1Aなどでプレー。マイナー6シーズンで通算打率2割4分5厘、19本塁打、165打点。2020年はルートインBCリーグ・神奈川へ派遣。

◉ジョフレック・ディアス投手(20)
育成契約。ベネズエラ出身で最速150キロ左腕。2020年はルートインBCリーグ・神奈川へ派遣。

◉マイケル・ピープルズ投手(28=前インディアンス3A)
米国出身。身長196センチ。今季はインディアンス3Aで25試合に登板、10勝6敗、防御率3.98。

◉高城俊人捕手(26=前オリックス)
背番号は36、推定年俸は1200万円。昨年7月、伊藤光らとのトレードでDeNAからオリックスへ移籍。今オフに戦力外通告。

De 広島 中日 西 SB ロッ ハム  

◆プロ野球・戦力外・FA・新戦力特集ページ
・戦力外通告・現役引退・退団選手の去就など
・国内FA権・海外FA権の宣言行使・交渉状況
・トレード移籍・新外国人選手など補強状況
・大リーグ・ポスティングシステムの交渉状況
・2021年の契約更改・年俸特集(全12球団)
・ドラフト新入団選手の契約金・年俸・背番号