【甲子園特集】金足農業の野球部ベンチ入りメンバー一覧|選手の出身中学・打率・成績など

甲子園準優勝 球史に刻まれた金足農業

第100回大会 夏の甲子園で秋田県勢として103年ぶりの準優勝に導いた金足農。

大旋風を巻き起こした・金足農チームは「声は技術」を掲げ、常に全力で声を出し、活気を出す。

体を大きくそらしながら「全力校歌」を歌う姿は、多くの人々を魅了した。

秋田県大会から今大会、選手交代ゼロ。一人一人が役割を果たし躍進した。

ほぼ全員が地元秋田出身。

プロ注目の漫画の主人公のような大エース・吉田輝星は、甲子園の舞台(横浜戦)で150キロを記録。気迫と制球力、そしてスター性が光った。

閉会式で準優勝盾を渡された主将の佐々木大夢(ひろむ)は「みんなで取った重みを感じた。自分は病気(バセドウ病)で辞めそうになったこともあったけど、厳しい練習を乗り越えて良かった」と胸を張った。

日本中を熱く盛り上げた金足農ナインの紹介は以下のとおり。

「スポンサーリンク」

金足農業・10人目の3年生 川和田優斗がベンチ入り

夏の秋田大会、そして甲子園と、最後まで9人の3年生で戦い抜いたことで話題にもなった金足農業。

この金足農業の野球部3年生で、ただ一人、夏の甲子園でベンチ入りできなかった選手がいる。

彼の名前は、川和田優斗だ。

秋田大会は背番号20も、甲子園入りしたあとののメンバー発表では名前が呼ばれることなく、ベンチ入りを逃した。川和田優斗は、甲子園ではボールボーイを務め、一番近くで活躍する3年生、そして大歓声が送られる彼らを見守っていた。その川和田優斗が、福井国体のベンチ入りメンバー16人に入った。

「スポンサーリンク」

福井国体 金足農業ベンチ入りメンバー

背番号 選手 学年 打率 身長 体重 投打
1 吉田輝星 (3年) .353 176 81 右右
2 菊地亮太 (3年) .000 172 73 右右
3 高橋佑輔 (3年) .385 178 77 右右
4 菅原天空(3年) .294 175 69 右左
5 打川和輝 (3年) .389 185 90 右右
6 斎藤璃玖 (3年) .333 175 67 右左
7 佐々木大夢(3年) .538 171 73 右右
8 大友朝陽(3年) .188 174 72 右右
9 菊地彪吾 (3年) .385 180 77 右右
<控え>
川和田優斗(3年)
関悠人(2年)
沢石和也 (2年)
船木弦 (2年)
佐々木大和 (2年)
工藤来夢 (2年)
加藤響(2年)
数字は秋田大会の成績

「スポンサーリンク」

甲子園後の金足農ナインのコメント

1番・二塁:菅原天空(たく)
「9人で戦ってきた。大阪桐蔭はこのチームで負けるなら仕方がないと思えた」

2番・左翼:佐々木大夢
「吉田がいて、吉田を助けようとする仲間がいた。応援されるチームになれて最高だった」

3番・投手:吉田輝星
「甲子園は自分を成長させてくれた。(優勝できなかったことは)これからの野球人生で取り戻していきたい」

4番・三塁:打川和輝
「目指していた場所で投げる事ができ最高だった。吉田から『任せた』と言われ、応えたかった」

5番・中堅:大友朝陽
「俺は甲子園(の決勝)に来たんだぞと胸を張って帰りたい」

6番・一塁:高橋佑輔
「憧れの相手と試合ができて光栄。充実した時間だった」

7番・右翼:菊地彪吾
「お金で買えない経験ができた」

8番・捕手:菊地亮太
「吉田の球を受け続けられて幸せだった」

9番・遊撃:斎藤璃玖
「声援の力は大きかった。本当に1球で流れが変わると思った」

「スポンサーリンク」

1 吉田輝星(こうせい)3年 (秋田県出身)

最速150キロのスター性抜群のエース。白いマウスピースを噛みしめてマウンドを支配する“怪物”。

将来の夢については「プロになりたい」と明言。憧れの選手は東北楽天の則本昂大投手。

秋田大会で5試合43イニングを完投し、57三振を奪った吉田の勢いは甲子園でも躍動。

学科は環境土木科。出身中学は秋田県 潟上市天王中。中学軟式。

帽子の裏には「覚悟」の文字が書かれている。

「三代目J Soul Brothers」のファン。特技はカラオケ。部内でもうまい!と評判。

<今大会の記録>

甲子園全6試合で計50回881球の熱投!

  • 8日 1回戦:鹿児島実 9回 157球 1失点 14K
  • 14日 2回戦:大垣日大 9回 154球 3失点 13K
  • 17日 3回戦:横  浜 9回 164球 4失点 14K
  • 18日 準々決:近  江 9回 140球 2失点 10K
  • 20日 準 決:日 大 三 9回 134球 1失点 7K
  • 21日決  勝:大阪桐蔭 5回 132級 12失点 4K

大会記録に並ぶ4試合連続の2桁奪三振は2012年の桐光学園・松井裕樹(楽天)に続く史上7人目の記録だ。

今大会準決勝終了時点での打率は2位

1位 根尾(大阪桐蔭)17打数8安打 .471
2位 吉田(金足農)16打数7安打 .438
    菊池亮(金足農)同上
3位 藤原(大阪桐蔭)21打数9安打 .429

準々決勝までの打率は1位を記録

1位吉田(金足農)13打数7安打538
2位矢野(済美)19打数9安打474
3位藤原(大阪桐蔭)18打数8安打444


「スポンサーリンク」

2 菊地亮太 3年(秋田県出身)

チームの中で学力No. 1。2年時には国家資格の測量士補を取得し、公務員を目指す。

甲子園入りに合わせて新調した帽子のつばの裏には「太」と書かれている。

菊地捕手が寝ているときに吉田投手が書いた文字である。

菊池は由来不明の文字に苦笑いしたという。

秋田大会での1試合平均失点は1.4。冷静なリードとと盗塁阻止チームを牽引。

趣味は釣り。目標とする選手はソフトバンクの甲斐拓也選手。学科は環境土木科。出身中学は秋田 潟上市羽城中。

「スポンサーリンク」

3 高橋佑輔 3年(秋田県出身)

今大会の横浜高校戦で、バックスクリーンに逆転3ランを放った6番・高橋佑輔。高校野球人生で初めての本塁打だった。

声出しの大きさはチーム1。昨夏までは声が小さかったが、新チーム発足時、先輩の相場蒼太朗さんに「声で引っ張っていける存在になれ」と言われ、控え選手ながら、誰よりも声を出していた相場さんの言葉に、責任感を覚えた。

練習用の帽子には「負けに不思議なし!」の文字が書かれている。

昨夏の秋田大会で「あと1歩で」敗れた明桜、昨秋の県大会で「あと1点」で敗れた角館の名が、試合日とともに書かれている。

釣りの最大記録は93センチのスズキ。学科は生物資源科。出身中学は秋田 秋田市勝平中。

今大会中に9匹の子豚が生まれチームメートの名前を付けることを宣言。

「スポンサーリンク」

4 菅原天空 3年(秋田県出身)

1番打者の菅原天空(たく)の「天空」は宮崎駿アニメ「天空の城ラピュタ」に由来する。

飛躍を期待され命名。

ラップバトルの動画を見るのが好き。

測量が得意。学科は環境土木科。出身中学は秋田 潟上市羽城中。


「スポンサーリンク」

5 打川和輝 3年(秋田県出身)

冬は膝下まで積もる雪深いグラウンドを長靴で何度も往復した。

春以降はスタミナ温存のため、相手の力量を見て強弱をつける投球術を習得した4番・打川。

目標は日本ハムの中田翔選手。サッカーも好きで、リフティングの最高記録は30回ほどだ。

食品流通科。出身中学は秋田 秋田市泉中。中学軟式。

「スポンサーリンク」

6 斎藤璃玖 3年(秋田県出身)

今大会、近江戦まで6打数0安打4犠打(スクイズ1)だった9番・斎藤璃玖(りく)。

準々決勝の近江戦、9回に無死満塁の場面でエース吉田にこう言った。

「おれ、ノーヒットだけど、ここで決めるために来たから」。
「バカ野郎。でも、こういう時に仕事をするのがおまえだ」。

吉田に肩を抱かれて送り出された。

見事期待に応え、三塁前にスクイズを決めて勝利へ導いた。

中泉一豊監督は「チームで一番バントの精度が高い」と信頼を置いている。

斎藤自身も大事な局面で、試合を決するのは「一発で決めるスクイズだと思う」と話す。

「周りのメンバーが打撃中心の練習をしているなかでも、自分はバント練習により多く時間を費やしてきた」

送りバントにセーフティバント、そして走者三塁や満塁の場面を想定したスクイズバント。打球の方向や強弱を含めて10種類ほどのパターンがあるというバント練習が、「9番打者」の支えであり、自信でもある。

ラグビー観戦で足のさばき方を学ぶ。

ワープロ検定3級を持ち、エクセルも自由自在だ。

学科は食品流通科。出身中学は秋田 井川町井川中。中学軟式。

「スポンサーリンク」

7 佐々木大夢 3年(秋田県出身)主将

「自分たちには我慢強さがある。雪国育ちじゃないと備わらないと思う」と話す主将の佐々木。

1年前の決勝では、ベンチで記録員をしていた。昨春バセドウ病を発症し、マネジャーに転身していた。その後、病状も軽くなり、秋から選手として復帰した佐々木夢は投薬治療を続けながら、厳しい練習を続けた。

冬場は午前5時半から1時間のランニングや1000本スイング、さらには1日500回の腹筋など、徹底的に体を鍛え上げてきた。

「まとめる力もあるし、一番努力していたのが大夢。信頼してついて行けた」と捕手・菊地は話す。

趣味はサッカー観戦。学科は環境土木科。出身中学は秋田 秋田市河辺中。

8 大友朝陽 3年(秋田県出身)

大垣日大戦では、3-3の8回1死走者なしの場面でファウルで粘ばり12球目をフルスイング。打球は左翼スタンドに飛び込み、貴重な勝ち越し本塁打を放った大友。

吉田選手と仲が良く、守りの前に2人でするポーズに注目。

得意科目は数学。環境土木科。出身中学は秋田 秋田市桜中。

「県民を感動させるプレーをしたい」

「スポンサーリンク」

9 菊地彪吾 3年(秋田県出身)

名前は「ひゅうご」と読む。50メートル6秒、チーム1の俊足。学科は造園緑地科。出身中学は秋田 秋田市山王中。

今大会 準々決勝の近江戦、三塁走者に続いて走ろうとする菊池を止める三塁コーチャーを振り切って本塁へ猛ダッシュ&ヘッドスライディングし、見事2ランスクイズで劇的逆転サヨナラ勝ちへと導いた。

14日の大垣日大(岐阜)戦では、背中にセミが止まりネットでも話題を呼んだ。

だが本人は「カブトムシはいけるが、セミはあまり好きじゃない。飛ぶ系は…」と話している。

試合前は清水翔太の曲を聴いてリラックス。

学校では食品加工でジャムなどを作り販売。危険物取扱丙種の資格も持つ。

「スポンサーリンク」

2018年夏 | 金足農ベンチ入りメンバー

背番号 選手 学年 打率 身長 体重 投打
1 吉田輝星 (3年) .353 176 81 右右
2 菊地亮太 (3年) .000 172 73 右右
3 高橋佑輔 (3年) .385 178 77 右右
4 菅原天空(3年) .294 175 69 右左
5 打川和輝 (3年) .389 185 90 右右
6 斎藤璃玖 (3年) .333 175 67 右左
7 ★佐々木大夢(3年) .538 171 73 右右
8 大友朝陽(3年) .188 174 72 右右
9 菊地彪吾 (3年) .385 180 77 右右
10 関悠人(2年) – 168 65 右右
11 嶋崎響己(2年) – 178 74 右左
12 沢石和也 (2年) – 177 71 右右
13 小松雅弥 (2年) – 177 76 右右
14 佐々木大和 (2年) – 162 65 右右
15 菅原大 (2年) – 171 64 右右
16 工藤来夢 (2年) – 172 73 右右
17 船木弦 (2年) – 168 64 右右
18 池田翔 (2年) – 179 73 右右
主将は★印。打率は地方大会の成績。

今大会(2018年夏の甲子園)の成績

8月8日(水) 金足 5-1 鹿児島実

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
鹿児島実 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
金足農 0 0 3 0 0 0 0 2 X 5

エース吉田輝星が、鹿児島実打線に9回9安打1失点、14奪三振の力投。打線も好調で初戦12安打5得点。
菅原は5打数2安打2打点の大活躍。95年以来23年ぶりのベスト16入りを果たす。

8月14日(火) 金足農 6-3 大垣日大

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
金足農 1 2 0 0 0 0 0 1 2 6
大垣日大 1 0 2 0 0 0 0 0 0 3

エース吉田輝星が、9回6安打3失点。154球(13K)と力投。2回戦で149キロをマーク。(最速は150キロ)
2試合連続で13奪三振以上は、12年藤浪晋太郎(大阪桐蔭)以来。

1-1で迎えた2回表1死二塁、金足農の7番・菊地彪吾が右中間へ勝ち越しの適時三塁打を放った。打席に入った時、背中にはセミが張り付いていた。

3-3の同点で迎えた8回1死では「5番・中堅」の大友朝陽が左翼ポール際に勝ち越しの本塁打。9回にも2点を追加して勝負を決めた。

8月17日(金)  金足農 5-4 横浜

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
横浜 2 0 0 0 0 1 1 0 0 4
金足農 0 0 2 0 0 0 0 3 X 5

金足農は2点を追う8回、吉田輝星と打川和輝が連打。1死後、高橋佑輔が中越えの3点本塁打を放って、劇的な逆転勝ちで横浜を破った。
吉田は投打に活躍。三回に2ランを放ち、投げては14奪三振完投。12安打を浴びながらも粘り強く投げた。

8月18日(土)  金足農 3x-2  近江(準々決勝)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
近江 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2
金足農 0 0 0 0 1 0 0 0 2X 3

2ランスクイズで逆転サヨナラ勝ち。1点を追う九回、連打と四球で無死満塁。斎藤がスクイズバントを三塁前に転がし、一塁送球の間に二塁走者も本塁に突入した。吉田は10奪三振で完投。
生中継したNHK総合の地元視聴率が驚異の53・8%、瞬間最高66・0%を記録した。

8月20日(月)  金足農 2-1 日大三(準決勝)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
金足農 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2
日大三 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

金足農は一回、2死二塁から4番打川和輝の左前適時打で先制。五回は2死二塁で5番大友朝陽が中前にはじき返す適時打を放ち、2-0とした。主戦の吉田輝星は、八回に適時打を許し1点を失ったが、この後は無得点に抑えた。秋田県勢としては第1回大会(1915年)の秋田中(現秋田)以来103年ぶりの決勝進出となる。

「スポンサーリンク」

甲子園における打順・打率・成績

1番(二)菅原天空(3年)
打率.350、20打数7安打、3打点

2番(左)佐々木大夢(3年)
打率.313、16打数5安打、2打点

3番(投)吉田輝星(3年)
打率.438、16打数7安打、1本塁打、3打点
5試合45回、防御率2.00、43被安打、58奪三振、11四死球

4番(三)打川和輝(3年)
打率.263、19打数5安打、2打点

5番(中)大友朝陽(3年)
打率.278、18打数5安打、1本塁打、2打点

6番(一)高橋佑輔(3年)
打率.313、16打数5安打、1本塁打、3打点

7番(右)菊池彪吾(3年)
打率.200、20打数4安打、1打点

8番(捕)菊池亮太(3年)
打率.438、16打数7安打、1打点

9番(遊)斎藤璃玖(3年)
打率.182、11打数2安打、3打点

2018年 | 秋田大会試合結果

※日程 回戦 対戦 試合結果

  • 7月15日 2回戦 秋田北鷹 2-0
  • 7月17日 3回戦 能代 中止
  • 7月18日 3回戦  能代 4-3
  • 7月20日 準々決勝 秋田商 7-0
  • 7月23日 準決勝  由利 7-4
  • 7月24日 決勝  明桜 2-0

金足農業の校歌

作詞:近藤 忠義
作曲は「春が来た」「朧(おぼろ)月夜」などで知られる岡野貞一氏

可美しき郷 我が金足
霜しろく 土こそ凍れ
見よ草の芽に 日のめぐみ
農はこれ たぐひなき愛
日輪の たくひなき愛
おおげにや この愛
いざやいざや 共に承けて
やがて来む 文化の黎明
この道に われら拓かむ
われら われら われら拓かむ
引用:高校野球中継より文字起こし

【スポンサードリンク】