【注目投手】加藤学園・肥沼竣投手 抜群の制球力「こいぬま」/出身は埼玉県所沢市

加藤学園・肥沼竣投手 抜群の制球力「こいぬま」/出身は埼玉県所沢市

2020年のセンバツ甲子園に出場する静岡・加藤学園のエースは、肥沼竣(こいぬま=3年)だ。最速は139キロながら、高い制球力を誇る。

2019年の秋の静岡大会、東海大会の全試合(10試合)を完投し、通算の防御率は2.16と抜群の抜群を誇る。東海大会準決勝の県立岐阜商業戦では、延長10回にサヨナラ負けも、4点に抑える力投を魅せた。

センバツ選考委員会では「エースは安定感のあるピッチャー。低めに丁寧に投げ、打たせて取る右の技巧派です」と高い評価を受ける。瑞穂シニア時代は4番手投手、入学後から2年間で体重が10kg以上UPし、力をつけている。

ドラフト候補の東海大相模・山村崇嘉とは、武蔵府中リトル(東京)でチームメート。



肥沼竣(加藤学園)プロフィール・出身・経歴

読み方:こいぬましゅん
誕生日:2002年5月9日
50mタイム:6.8秒
出身中学:所沢市立山口中学校
所属チーム:瑞穂シニア
趣味:スポーツ、漫画を読むこと
好きな野球選手:前田健太
好きな球団:西武
将来の夢:幸せな家庭を築く
好きな食べ物:たこ焼き、マグロ
苦手な食べ物:トマト
好きなタレント:ローラ
ニックネーム:こいぬま

スポンサー リンク