【ドラフト候補】高知高校・森木大智 中学時代に最速150キロ/地元出身・高知県の野球をもり立てたい

高知高校・森木大智 中学時代に最速150キロ

高知中学校時代に、中学3年生で「日本中学生史上最速」となる150キロを投げた男・森木大智(新2年)。

地元・高知中学から高知高校へ進学した。これまで高知中学の監督であった濱口佳久監督が高知高校監督に就任したことも理由の一つ。

大きな理由がある。大阪桐蔭や八戸学院光星(青森)など強豪校が興味を示したが、森木には「高知県で育ったので、野球人口が減っている高知県の野球をもり立てたい」という思いがあるるからだ。

高校1年生となった2019年夏の高知大会では、準々決勝・高知東戦で公式戦最速148キロを記録。しかし、決勝で明徳義塾に1-4で敗れ、甲子園出場を逃した。

その後は、8月に右肘の違和感を訴え、1か月間はノースロー。秋季高知大会・準々決勝の高知中央戦で1人だけに登板し、試合は、10-0の6回コールド負けで、センバツ出場はならず。2020年、甲子園を目指す戦いが始まっている。



日本中学生史上 最速の150キロ

2018年8月2日、四国総体・軟式野球の決勝戦で、高知中が6年ぶり8度目の優勝を果たした。

この試合、最終回に登板した森木大智が、坊っちゃんスタジアムのスピードガンで「日本中学生史上最速の150キロ」を記録した。



小学生時代には127キロ

森木が、本格的に野球を始めたのは小学3年。同じ高知県出身で、プロ野球、阪神の藤川球児の「火の玉ストレート」と呼ばれた直球を見て「あんな球を投げたい」と思ったのがきっかけだったという。

小学6年時で球速はすでに127キロ。

才能を開花させたのは中学に入ってからだ。高知中学の浜口佳久監督(現在は高知高校の監督)の指導を受けながらフォームを改良。軸足の右足の膝が早く内側に倒れる癖を直し、より前で球を放すように意識した。

  • 中学1年冬に137キロ
  • 中学2年秋に145キロ
  • 中学3年春に146キロ
  • 中学3年8月に150キロ

球速がアップするにつれて悩みもでてきたという。

「140キロを超えてから投げる瞬間に『バコン』って球がつぶれる音がするようになった」。軟式は球が軟らかい分、硬式球よりも球速が出づらい。硬式に変わる高校では、もっと球速が出る可能性が高い。

スポンサー リンク