【注目進路】常葉大菊川・奈良間大己、立正大学へ進学へ|声でチームを率いるU18高校日本代表

常葉大菊川・奈良間大己、立正大学へ進学。

福井国体では、金足農業と対戦し、7ー0で敗れた。金足農業・吉田との対戦を振り返り奈良間は「絶対に打ってやろうと思ったけど、完敗でした」とコメント。

プロ志望届の提出も考えたが、卒業後は東都大学リーグの立正大へ進む。

「スポンサーリンク」

プロと進学で悩んだ奈良間

常葉大菊川・奈良間大己内野手(3年)が、進路を大学進学に絞ったことが日刊スポーツの取材でわかった。

もともと進学が既定路線だったが、夏の静岡大会打率8割1分8厘、甲子園でのバックスクリーン弾などで評価が急上昇。さらにはU18アジア選手権では、ドラフト候補たちから刺激を受け、プロ入りを意識し始めた。

日刊スポーツの取材に、奈良間が「大学でやります。4年後にプロに行けるように、最初から意識していきたいです」とコメントしている。

声でチームを率いるU18高校日本代表

常葉大菊川のチームでは「あいつになら付いていきたい」と仲間に言わせるほど、誰よりも声を出して練習する努力家。「自分の長所は声だけ」と、練習中も声が裏返るほどあいさつや号令。試合中に主将から積極的にユニホームを汚す泥くささは「奈良間スタイル」と呼ばれている。 

「スポンサーリンク」

夏の静岡大会では打率8割

「静岡のジーター」の異名を持つ。彼の名は常葉大菊川の奈良間大己だ。

夏の静岡大会では、なんと打率8割を誇り、出場選手の中で最高打率を誇った。

守備位置は、ショートを守る。

静岡大会での成績

夏の静岡大会では8割1分8厘。甲子園出場56校全選手の最高打率。

甲子園3試合では13打数4安打の打率3割8厘。

「スポンサーリンク」

祖父想いの奈良間

奈良間は祖父・正男さんと一緒に戦った夏だった。正男さんは大の野球好きで、小学時代から試合をよく見に来てくれたという。「良いプレーをすると、喜んで褒めてくれました」。奈良間が中3時に正男さんが他界し、幼少から憧れたピンストライプのユニホーム姿は見せられなかった。だが、試合では正男さんの遺骨が入ったペンダントを、お守りとしてズボンの右ポケットにしのばせている。

「スポンサーリンク」

奈良間大己のプロフィール・経歴

  • ならま・たいき
  • 2000年(平12)5月8日、菊川市生まれ
  • 堀之内小1から菊川野球スポーツ少年団で野球を始める
  • 菊川西中では小笠浜岡シニアで捕手
  • 常葉大菊川では1年秋からレギュラー
  • 172センチ、66キロ
  • 右投げ右打ち
  • 50メートル5秒8
  • 高校通算20本塁打
  • 家族は両親と兄
  • 血液型A

【スポンサードリンク】