【夏の甲子園】習志野 野球部ベンチ入りメンバー2019/出身中学・注目選手・チーム紹介

習志野 夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

◉夏休み 甲子園ホテル予約(楽天トラベル)
◉前売券は「チケットストリート」でも
◉小型扇風機(手持ち用)で熱中症対策

【第101回・特集記事リスト】
◉組み合わせ日程・出場校一覧
◉優勝候補予想アンケート・展望 
◉今大会の注目選手・ドラフト候補

背番号・名前・学年・出身中学
1 飯塚脩人 3年 習志野二
2 兼子将太朗 3年 市川七
3 櫻井亨佑 2年 下総みどり学園
4 小澤拓海 2年 九十九里
5 和田泰征 2年 春江(東京)
6 角田勇斗 2年 法田
7 竹縄俊希 3年 萱田<主将>
8 根本翔吾 3年 成田
9 高橋雅也 2年 佐倉
10 山内翔太 2年 瑞江二(東京)
11 山本慶都 3年 習志野二
12 川島宥徳 3年 高柳
13 佐々木駿太 3年 磯部
14 池田光瑠 3年 八千代
15 松本陸 3年 南山
16 小林風太 1年 千城台西
17 岩沢知幸 3年 成東東
18 橋本玖侑 1年 浦安



習志野チーム紹介

千葉:習志野(市)8年ぶり9度目

<地方大会のチーム成績>
全7試合 失点14 打率.339
本塁3 盗塁13 失策3

◉チームの特長:センバツ準優勝チーム。最速150キロ超えのエース飯塚脩人と技巧派左腕の山内翔太(2年)に安定感がある。攻撃面では、合計30犠打と小技、走塁面の巧みさが光る。千葉大会の準決勝では、9回2死から追いつき延長戦を制す。美爆音、再び聖地でナインを後押しする。

◉学校紹介:1957年(昭32)創立の市立校。生徒数957人(女子459人)。野球部も同年創部。部員72人。甲子園は春4度、夏は9度目。67、75年に全国制覇している。主なOBに元阪神掛布雅之氏、ヤクルト小川淳司監督、ロッテ福浦和也ら。所在地は習志野市東習志野1の2の1。小西薫校長。



習志野 5-4 沖縄尚学 8月9日(1回戦)

今春センバツ準Vの習志野が沖縄尚学を下した。1点を追う9回1死一塁、山内翔太の盗塁で得点圏に走者を進める大胆な攻めを展開し、土壇場で同点。

センバツの悔しさを晴らす夏初戦。山内には特別な思いがあった。センバツ決勝、先発するも4回0/3を6安打4失点。「恥をかいた…」。動画で何度も見ては現実と向き合った。「恥ずかしかった。力のなさを実感した」。

自身を見つめ直し、投げ込みにトレーニング、走り込みと無我夢中の3カ月を過ごした。この日は先発で7奪三振も、4回に3連打を浴び3失点。その後に外野の守備に回っていた。「申し訳ない。打者として後ろにつなぐ」。投手での悔しさを胸にチームのピンチを救った。



センバツ・習志野(千葉)10年ぶり4回目

決勝/東邦に6-0で敗れる

東邦が平成元年以来30年ぶり5度目の優勝

東邦6-0習志野(終了)
習志000 000 000=0
東邦300 020 01X=6
【東】石川 【習】山内、飯塚
【本】石川2ラン2発

平成最初のセンバツ王者・東邦が、平成最後のセンバツも優勝を勝ち取った。「石川昂弥劇場」だった。

初回に石川が習志野の先発・山内翔大から、先制のツーランホームラン。さらに5回にも習志野エース・飯塚脩人からもツーランホームランを放つ活躍。投げては習志野打線を抑え、9回完封。30年ぶりの春制覇で、東邦はセンバツ単独最多の5度目V。また、勝利数もセンバツ単独最多の56勝となった。

習志野は、千葉県勢初のセンバツ優勝はならなかった。

【第11日 4月3日(水)決勝】
習志野 0-6 東邦 (結果)
※開門時間:10時(=当日券発売)



準決勝/明豊に6-4で決勝進出 

習志野6-4明豊(終了)
習志002 000 130=6
明豊300 000 010=4
【明】若杉、大畑
【習】山内、飯塚
【本】表(明)桜井(習)

習志野が終盤の逆転劇で初の決勝進出。初回、明豊の1番、表悠斗が先頭打者ソロホームランで先制。その後、藪田源の左越えタイムリーツーベースで2点を加え、3点をリードした。習志野は、3回2死一、三塁でダブルスチールを決めて1点を返し、2死二塁から4番・桜井亨佑がタイムリーを放ち、1点差と詰め寄った。

その後は、明豊・若杉晟汰と習志野・山内翔太の両先発が粘り強い投球を見せ、無得点に抑える。

試合が動き出したのは7回。習志野は、兼子将太朗が三塁打で出塁すると、小沢拓海の中前打で同点に追い付いく。さらに8回には、4番・桜井がソロホームラン、兼子のタイムリーなどで3点を奪い逆転に成功した。

習志野は、7回からエース飯塚脩人が2番手で登板し、明豊の反撃を1点に抑えた。

【第10日 4月2日(火)準決勝】
習志野 6-4 明豊 (結果)
明石商業 2-4 東邦 (結果)
※開門時間:9時半 32,000人



準々決勝/市立和歌山に4-3で勝利

習志野4-3市和歌山(終了)
習志100 011 100=4
市和300 000 000=3
【習】岩沢、飯塚
【市】柏山、岩本

習志野が市立和歌山との接戦を4ー3で制し、初のベスト4に進出を決めた。2回から登板した習志野でエースの飯塚脩人がロングリリーフ。終盤、足に打球が直撃するアクシデントあるも、力投。機動力を使った攻撃など力を見せた。一方、市立和歌山は4回から登板の2年生左腕エース・岩本真之介が粘り強いピッチングを見せるも、競り負けた。

【第9日 3月31日(日)準々決勝】
習志野 4-3 市和歌山 (結果)
龍谷大平安 0-1x 明豊 11回 (結果)
東邦 7-2 筑陽学園 (結果)
智弁和歌山 3-4x 明石商 (結果)
※開門時間:7時 第2試合 41,000人



2回戦・星稜/優勝候補を3-1で撃破

星稜1-3習志野(終了)
習志000 100 101=3
星稜010 000 000=1
【星】奥川(149、10K)
【習】岩沢、飯塚
【本】兼子(習)

習志野が優勝候補・星稜に競り勝ち、ベスト8進出。試合は、星稜のエース奥川と習志野のエース飯塚(2番手)の投げ合い、接戦となった。1点をリードした習志野は、迎えた9回表、兼子が奥川からソロアーチを放ち、3ー1と試合を決めた。

星稜は好投を続けた奥川を打線で援護できなかった。

【第6日 3月28日(木)】
智弁和歌山 13-2 熊本西 (結果)
高松商 2-6 市和歌山 (結果)
習志野 3-1 星稜 (結果)
※第2試合から2回戦
※開門時間:8時予定(=当日券発売)



初戦・日章学園戦/美爆音で初回一挙7点

習志700 100 000=8
日章000 000 200=2
【習】山内、飯塚
【日】石嶋、寺原、小迫

習志野が1回に一挙7得点の猛攻で日章学園を圧倒。試合開始直後からブラスバンドの美爆音に後押しされ、打線がつながった。1点を先制し、なおも1死二、三塁のチャンスに高橋雅也外野手(3年)が左中間を破る2点適時三塁打。さらに2死満塁から角田勇斗内野手(2年)が左越え3点適時三塁打。

先発左腕、山内翔太投手(2年)を堅い内野陣がもり立てた。8回途中からは最速145キロ右腕、飯塚脩人投手(3年)がリリーフし逃げ切った。

日章学園は終盤、打線がつながり追い上げたものの、1回の3失策と4回の失策がともに失点につながるなど、守備の乱れで主導権を失ったのが響いた。

【過去・第2日 3月24日(日)】
習志野8-2日章学園 (結果)
明豊13-5横浜 (結果)
米子東1-4札幌大谷 (結果)
※開門時間:7時50分 第2試合 41,000人


センバツ/チームの特徴

【主な成績】
・千葉大会準優勝、関東大会4強

【チームデータ】
・部員数:51人(マネ3)
・9勝2敗
・[率].298[本]2[防]1.76[盗]23
・スポーツ紙評価:B・B・B
(日刊・スポニチ・サンスポ)

【投手力】
・最速145キロ右腕・エース飯塚脩人(3年)と抜群のセンスを持つ背番号10の左腕・山内翔太2年)の継投が基本。
・投手陣2人はハイレベル。防御率では、飯塚が0.50(1位)・山内が1.51(10位)。奪三振率では、飯塚が10.50(6位)。被安打率では、飯塚が6.25(9位)・山内が6.31(10位)。与四死球率では、山内が2.02(9位)。

【打撃力】
・チームは打撃ではなく「攻撃」をしようという意識。
・キーマンは根本翔吾(背番号8)、打率.390。打点はチーム最多の10点。
・機動力に優れる。1試合平均2.09は出場校中5位。

【トピックス】
・背番号7の竹縄俊希と背番号8の根元翔吾のダブルキャプテン制。

スポンサー リンク