【注目進路】日大山形 近藤皓介が法政大学に進学へ|秋田県にかほ市出身

日大山形 近藤皓介が法政大学に進学へ

2018年の春のセンバツに出場した日大山形・近藤皓介投手が、東京六大学野球・法政大学に合格。両親が教員でもあり、学業も優秀。「野球はできる限り続けたいが、社会科教師の夢もある。文武両道で人間としても成長したい」。

秋田・にかほ市出身で、金足農の吉田輝星はライバル。「注目されて悔しい思いもあったが、刺激も受けたし、それぞれの進路で頑張りたい」と語る。



「中学のころから東京6大学に挑戦したい気持ちが強かった。法大は秋に優勝し、レベルの高いチーム。江川卓さんのイメージも大きい」と語る。

高校入学直後から荒木準也監督に抜てきされ、左のエースとして存在感。1年夏の1回戦で先発し、5回0封だけでなく満塁弾も放った。同秋からは背番号1も任され、2年夏と3年春に2季連続甲子園出場。

智弁学園(奈良)とのセンバツ初戦では右腕・佐藤洸太(3年)を好救援したが、8回に被弾するなど悔しさも味わった。今夏の県大会3回戦でも鶴岡東に敗北。

▷高校球児の注目進路一覧

スポンサー リンク