【年俸550万】岡林勇希(菰野=こもの) 高校時代エピソード|契約金・背番号・出身【中日ドラフト5位】

【年俸550万】岡林勇希(菰野=こもの)【中日ドラフト5位】

中日ドラゴンズからドラフト5位《2019》で入団した、投打2刀流の岡林勇希(菰野高校出身)を特集する。

2020年シーズンの年俸・契約金・背番号、および「高校時代のエピソード」は以下の通り。

【年俸・契約金・背番号】
中日:ドラフト5位
背番号:60
契約金:3000万
年俸:550万



《高校時代のエピソード》

◉菰野高校(こもの)時代は、投手として活躍。当時、身長176cmながら、最速は150キロを誇った。

◉エースで4番。打撃センスは一級品で、その佇まいは根尾昂(大阪桐蔭・中日ドラゴンズ)を彷彿とさせる。

◉中日ドラフト5位で指名。その後、選手登録が「投手」から「外野手」に変更される。これは、出場機会と最大の武器である強肩、50m5秒8の俊足を生かすため自らの意志で決断。

◉2歳上の兄・飛翔は、広島カープに育成選手として入団

《プロフィール/誕生日・出身ほか》

岡林勇希(おかばやし・ゆうき)
誕生日:2002年2月22日
出身:三重県松阪市
球歴:徳和小2年時に松阪リトルで野球を始め、久保中では松阪梅村シニアに所属。菰野では1年夏からベンチ入り
投打:右投げ左打ち

スポンサー リンク