【注目選手】磐城のエース沖政宗投手 「まさむね」の由来は 伊達政宗/元楽天ジュニア

磐城のエース沖政宗投手 「まさむね」の由来は 伊達政宗/元楽天ジュニア

2020年甲子園交流試合に出場する磐城(福島・21世紀枠)が誇るエースの名は、沖政宗投手(3年)。

名前の読み方は、「まさむね」。この「政宗」という名は、仙台出身の父が「先見の明のある人になってほしい」と伊達政宗から付けられたという。

楽天ジュニアに選出された経験を持ち、最速は142キロで6種類の変化球を持つ。

2019年の秋は、全10試合中9試合に登板し、5試合で完投。9試合69回2/3を投げ、防御率0・90と抜群の安定感を誇る。全32出場チーム中、チーム防御率は最も低い。

「みんなが守りたいと思ってくれるような投手でないと、磐城の1番は背負えない」とバックを信頼し、エースとしてマウンドに立つ。

聖地・甲子園の舞台で活躍し、「東京六大学野球」でプレーすることを夢見る。得意科目は英語。



沖政宗(磐城)プロフィール・経歴・出身

読み方:おきまさむね
誕生日:2002年4月23日
50mタイム:6.3秒
出身中学:いわき市立平第三中学校
所属チーム:いわきシニア
趣味:音楽■映画鑑賞
好きな野球選手:岩隈久志
好きな球団:楽天
将来の夢:東京六大学リーグでプレー
好きな食べ物:エビチリ
苦手な食べ物:なし
好きなタレント:橋本環奈
ニックネーム:まーくん
秋の打率:.375
秋の本塁打:0

▶︎甲子園交流試合注目選手100人リスト
▶︎甲子園出場校メンバー一覧(出身など)

スポンサー リンク