【ドラフト候補】明徳義塾 奥野翔琉 50m5.7秒のスピードスター「かける」が聖地で駆ける

明徳義塾・奥野翔琉 50m5.7秒のスピードスター/名前は「かける」

※ドラフト会議2020年|指名なし(育成含む)

明徳義塾が誇るスピードスター・奥野翔琉(かける・3年)は、50m5.7秒と驚異の俊足の持ち主だ。

2019年の秋公式戦では、7盗塁を記録。馬淵監督は「プロも視野に入ってきたのでは」と評する逸材である。

出身は京都・舞鶴。中学時代から高知・明徳義塾にやってきた。中学時代はキャプテン。

2020年夏の甲子園中止決定直前に祖母を亡くしたという。最後にかけられた言葉は「夏に頑張れ」。

その名前の通りスピードスターとして、聖地・甲子園を駆け抜ける。好きな言葉は「笑う門には福来たる」に出場



奥野翔琉(明徳義塾)プロフィール・出身・経歴

読み方:おくのかける
誕生日:2002年7月19日
50mタイム:5.7秒
出身中学:明徳義塾
所属チーム:野球部
趣味:野球雑誌を読むこと
好きな野球選手:藤原恭大
好きな球団:巨人
将来の夢:プロ野球選手
好きな食べ物:母の手料理
苦手な食べ物:なし
好きなタレント:安室奈美恵

【ドラフト会議2020年 指名結果一覧】

 

スポンサー リンク