【注目選手】履正社の新主将 野口海音(みのん)元U15日本代表キャプテン|中学時代通算45本塁打の逸材

履正社の新主将 野口海音(みのん)

履正社のキャプテンは、野口海音(みのん)だ。元U15日本代表の主将も務めた捕手だ。

あの18年の夏、北大阪大会の準決勝。大阪桐蔭に9回2死走者なしからの逆転負け。

実は、その試合でマスクをかぶっていたのが野口だった。

敗戦の翌日、新チームの主将になった。岡田監督から「できるか?」と聞かれ、「できます。最後までやり切ります」と答えたという。



中学時代の通算本塁打数は45本、U15日本代表にも選出

野口は、中学3年時にU15代表として、福島・いわきで行われたW杯出場。

U15の主将も務め、同世代の横浜高校のエース及川らとともに準優勝を経験した。

ちなみに、中学時代の通算本塁打数は、なんと45本。

野球経歴だが、小学生まではソフトボールで投手。捕手を始めたのは中学2年時からだという。

「キャッチャーで打てる選手になりたい。坂本選手を超えたいです」と意気込む。

履正社・岡田監督は「パワーは坂本よりあるけど、人間性とかトータルはまだまだ。経験して、積み上げていったら、坂本のようになれる要素はある」とその素質を認める。



父はダイバーのインストラクター

野口海音は、3人きょうだいの末っ子。父はダイバーのインストラクターを務めている。

長男は万太(まんた)、次男は仁平(じんぺい)と海に関する名前がつく。

「僕だけ『(名前が)何で魚じゃないねん!』と言われる。考えたけど『イルカ』というのも嫌ですね」と語る。

野口海音のプロフィール・読み方

のぐち・みのん
2001年11月6日生まれ
大阪府松原市出身
恵我小から「恵我連合」でソフトボールを始め、投手
松原第四中では「松原ボーイズ」に所属し、中2から捕手
侍ジャパンU―15代表で主将
履正社では1年夏からベンチ入り
右投げ右打ち

スポンサー リンク