【ドラフト候補】履正社 関本勇輔主将/阪神関本氏の息子、中3で1.89秒の2塁送球タイム記録

ドラフト候補 履正社・関本勇輔主将、阪神関本の息子

※ドラフト会議2020年|指名なし。親子2代の虎戦士誕生の夢は持ち越しとなった。

ドラフト候補・履正社の関本勇輔(3年)は、高校3年時は「主将・捕手・4番」とチームの要を務めた。

父は、元阪神・関本賢太郎氏。憧れは、阪神の矢野監督という。

「矢野さんのように試合をコントロールできる捕手にあこがれています。父とは普段から野球の話をよくします。一言一言がすごく意味があって、深い。現役19年の経験を教えてくれます」とスポーツ紙などにコメントしている。

センバツのかかる2019年の秋の公式戦11試合では、チーム最多の28打点と得点源。打率は.476を記録した。高校通算本塁打数は、15本塁打を誇る(春時点)。

中学3年時には、2塁送球のタイムが驚異の1.89秒(現在は1.82秒)を記録したという強肩の持ち主。履正社入学当時、岡田龍生監督は「チームで一番肩が強い。捕手はスローイングが一番」と高く評価していた。



関本勇輔(履正社)プロフィール・経歴・出身

読み方:せきもとゆうすけ
誕生日:2002年9月28日
50mタイム:6.4秒
出身中学:西宮市立苦楽園
所属チーム:兵庫西宮ボーイズ
趣味:音楽鑑賞
好きな野球選手:小林誠司
好きな球団:阪神
将来の夢:プロ野球選手
ニックネーム:セッキー

【ドラフト会議2020年 指名結果一覧】

スポンサー リンク