【最強球児】根尾昂・藤原恭大の2人が名前を挙げた「最強の高校球児」は奈良間大己

根尾昂・藤原恭大の2人が名前を挙げた「最強の高校球児」は誰だ

バーチャル高校野球のインタビュー企画で、大阪桐蔭の根尾昂・藤原恭大・柿木蓮・横川凱の4人に「最強の高校球児は誰だ」という質問が行われた。ここでは、柿木蓮は藤原恭大を、横川凱は根尾昂の名前を挙げた。

そんな中、根尾と藤原が名前を挙げた”最強の高校球児”は「一致」した。

まず、根尾が質問に答え、「常葉大菊川の奈良間大己(主将)」と回答。

すると、隣にいた藤原がすかさず「ボクも言おうとした・・・」と笑顔。

根尾は奈良間を挙げた理由として、「甲子園でセンターの左にホームランを打ったんですけど、低めのボール球を打ったんで、”ここホームラン打つかぁ・・・”と。守備も上手かったので強烈に(印象に)残っています」とした。

一方、藤原は、奈良間が静岡大会で打率.818という驚異的な数字を挙げた。「JAPANで一緒になったときも、自分たちはガチガチに練習して結果を残すタイプなんですけど、常葉大菊川は練習時間が3時間。そういうやり方もあるんだな」と理由を挙げた。



奈良間大己は、常葉大菊川の主将。常葉大菊川では、「自分の長所は声だけ」と、練習中も声が裏返るほどあいさつや号令。試合中に主将から積極的にユニホームを汚す泥くささは「奈良間スタイル」と呼ばれていた。

その姿勢は、U18高校日本代表メンバー入りしたアジア選手権でも発揮され、チームのムードメーカーとして存在感を示した。

今後の進路だが、東都大学リーグ1部・立正大大学(法学部)に進学する。一時、U18アジア選手権でドラフト候補らから刺激を受け、プロ入りを意識。しかし、その後、大学進学を選択した。

▷インタビュー動画はこちらから視聴


スポンサー リンク