【注目の逸材】星稜の寺西成騎、萩原吟哉、内山壮真(元日本代表の1年生たち)

星稜・寺西成騎、内山壮真、萩原吟哉に注目

第100回大会の甲子園、開幕試合に登場した石川・星稜で、注目のスーパー1年生2人が躍動した。

ショートを守り、打順は3番の内山壮真。そして9回にマウンドに上がり、自己最速の143キロを記録した寺西成騎だ。

なお、石川大会ではベンチ入りしたが甲子園では外れた右腕・萩原吟哉にも今後注目が集まりそうだ。

元日本代表のスーパー1年生たち

この3人は、2017年の軟式の侍ジャパンU 15のメンバーである。

まず、寺西は、あの松井秀喜氏と同じ石川県・根上中学校出身。軟式球で驚異の最速141キロをマークしていた。萩原吟哉と内山壮真は、星稜中学出身で全国制覇を経験。内山壮真はアジア選手権で、本塁打王とベストナインにも輝いた逸材である。

優勝候補にあげられる石川・星稜、逸材が揃う2019・2020年も最強世代が続く。

【スポンサードリンク】