【注目選手】星稜・山瀬慎之助(捕手)が新主将に|奥川とは小学4年生からバッテリー

星稜・山瀬慎之助(捕手)主将

2019年の高校野球界で最も注目を集めるチームの1つ、石川・星稜。

最速150キロで唯一2年生ながらU18高校日本代表に選出された奥川恭伸、さらには下級生新2年生には、寺西成騎、萩原吟哉、内山壮真など世代を代表する逸材が存在する。

そんな「世代最強」と注目される新チームを率いるのは、捕手の山瀬慎之助だ。

星稜・山瀬主将は大阪桐蔭・中川主将にLINEで質問

主将の山瀬慎之助(捕手)は、「もちろんセンバツは優勝することしか考えていない。今まで石川県勢の甲子園優勝はない。自分たちは春夏連覇という形で伝説を作りたいと思っている」と抱負を語る。

U18日本代表に選出されたエース奥川恭伸を通じ、春夏甲子園連覇を果たした大阪桐蔭の中川卓也前主将と連絡を取り合った。主将としてのチーム作りの心得、日々の練習、私生活のことなどを、何度もLINEを通じて質問したという。

「私生活の1つ1つからランニングまで『日本一』にこだわってやることが大切。決して特別なことじゃないが、それを実行しているのが大阪桐蔭」だと痛感したという。

センバツへ向け、チーム全員で「日本一の練習」を積み重ねている。室内練習場の小さなゴミも見落とさず拾い、アップから手を抜かず、キャッチボールも一球一球持ち方を考えながら行う。


奥川とは小学4年生からバッテリー

奥川と山瀬は、宇ノ気小学校4年生の時からバッテリーを組み、石川県の宇ノ気中で全国制覇を果たしている。

「高校でも全国制覇しよう」と誓い、そろって星稜に進学してきた。

奥川は語る「これまで何千、何万球と受けてもらっている。日々の積み重ねが信頼を生んでいる。」

バッテリー歴:約10年の築きあげた深い絆で全国制覇を目指す。

山瀬の名前は「阿部慎之介」から命名

女房役の山瀬の名前の由来は、巨人・阿部慎之介。

阿部グッズを愛用し、投手に声をかける時にマスクを上げる角度もマネしている。

スポンサー リンク