【注目選手】星稜・山瀬慎之助(捕手)が新キャプテン|奥川とは小学4年生からバッテリー

星稜・山瀬慎之助(捕手)が新主将

2019年の高校野球界で最も注目を集めるチームの1つ、石川・星稜。

最速150キロで唯一2年生ながらU18高校日本代表に選出された奥川恭伸、さらには下級生1年生には、寺西成騎、萩原吟哉、内山壮真など世代を代表する逸材が存在する。

そんな「世代最強」と注目される新チームを率いるのは、捕手の山瀬慎之助だ。

奥川とは小学4年生からバッテリー

奥川と山瀬は、宇ノ気小学校4年生の時からバッテリーを組み、石川県の宇ノ気中で全国制覇を果たしている。

「高校でも全国制覇しよう」と誓い、そろって星稜に進学してきた。

奥川は語る「これまで何千、何万球と受けてもらっている。日々の積み重ねが信頼を生んでいる。」

バッテリー歴:約10年の築きあげた深い絆で全国制覇を目指す。

山瀬の名前は「阿部慎之介」から命名

女房役の山瀬の名前の由来は、巨人・阿部慎之介。

阿部グッズを愛用し、投手に声をかける時にマスクを上げる角度もマネしている。

「自分も打てる捕手を目指している」

18夏の甲子園|済美戦で山瀬は号泣した

山瀬慎之助のプロフィール

やませ・しんのすけ
2001年5月4日、石川・かほく市生まれ
宇ノ気小2年で野球を始める
宇ノ気中3年時に全国中学校軟式大会優勝
星稜では1年秋から背番号2
名前の由来は、巨人・阿部慎之助内野手
177センチ、82キロ
右投右打

【スポンサードリンク】