【注目選手】国士舘・清水武蔵 鹿児島出身「宮本武蔵」が名前の由来/西郷隆盛を尊敬

国士舘・清水武蔵 鹿児島出身「宮本武蔵」が名前の由来/西郷隆盛を尊敬

2020年の甲子園交流試合に出場する国士舘・清水武蔵(2年生)は、鹿児島県の出身。

もともとは内野手。2019年の秋の大会からセンターを守り、次世代のチームでは永田監督は「捕手」を任せるプランがある。身体能力と野球センスを兼ね備えた好選手だ。

名前の由来は「宮本武蔵」だが、本人の尊敬する人は、西郷隆盛だという。叔父さんである康広氏は、2002年・03年の夏に柳ヶ浦高校で甲子園出場している。



清水武蔵(国士舘)プロフィール・出身・経歴

読み方:しみずむさし
誕生日:2003年4月14日
50mタイム:6.3秒
出身中学:日置市立土橋中学校
所属チーム:桜島ボーイズ
趣味:昆虫採集
好きな野球選手:デレク ジーター
好きな球団:ヤンキース
将来の夢:メジャーリーガー
好きな食べ物:チーズ
苦手な食べ物:なし
好きなタレント:さかなクン
ニックネーム:カルロス

スポンサー リンク