【注目進路】創成館 峯圭汰「太鼓の達人」は日大へ進学へ|U18高校日本代表

創成館 峯圭汰「太鼓の達人」は日大へ進学へ

▷ドラフト会議の指名結果速報(リンク)

創成館の峯圭汰(主将)は日本大学に進学へ。日刊スポーツが報じた。

昨秋、明治神宮大会で準優勝し、選抜高校野球でも優勝候補として躍進。

U18高校日本代表でも活躍した。


「スポンサーリンク」

書道四段、太鼓の達人!

峯圭汰(主将)は、実は書道四段。さらには、ゲームセンターの「太鼓の達人」でもある。

U18日本代表メンバー入り

長崎県・創成館の峯圭汰「すごい選手ばかりで正直、不安もある」と話す一方、大学進学後にプロ入りという「夢に向かって一歩一歩進めている。自分にできることを精いっぱいやる」と闘志を燃やしている。

福岡県の筑紫野南中時代。監督から生活態度などを指摘され、主将を交代させられるほど“やんちゃ”だったという。

だが、越境入学した創成館での厳しい練習、チーム内競争、寮生活などが、それを一変させた。稙田龍生監督の下で、心身ともにたくましく成長。1年生のころから打線の中軸を担い、最後は部員123人の主将を任された。

「スポンサーリンク」

創成館の峯圭汰のプロフィール

みね・けいた

創成館高野球部OBでもある三つ年上の兄の影響で、幼稚園年長から素振りや壁当てなどをやり始め、小学2年で軟式野球チームに入った。

福岡県の筑紫野南中時代は硬式の「筑紫野ドリームズ」で主に捕手としてプレー。

創成館高では今年、春夏連続甲子園出場。リードオフマンの中堅手として計4試合すべてで安打を記録した。

遠投は100メートル、50メートル走は6.2秒。

171センチ、71キロ。

「スポンサーリンク」

主将になり8キロ痩せたことも

峯主将は昨夏の長崎大会、敗退した準々決勝の波佐見戦で「最後の打者」になり、涙を流した。

稙田監督から新チームの主将に指名されたのは、その2日後。

夜、寮に戻ると、机に前主将の伊藤幸祐からの手紙があった。「キャプテンでチームは変わる」。

重圧から体重が8キロ減った時期もあったが、伊藤の言葉を胸に、チームをまとめあげてきた。

「スポンサーリンク」

芸能人・有名人の書道の段位

嵐・松本潤(書道初段)
ダイアモンド ユカイ(書道二段)
篠原ともえ(書道二段)
哀川翔(書道三段)
嵐・大野智(書道四段)
創成館・峯圭汰(書道四段)
浜崎あゆみ(書道五段)
里田まい(書道五段)
アンガールズ・山根良顕(書道七段)
磯野貴理子(書道七段)
MEGUMI(書道八段)
EXILE・TAKAHIRO(書道八段)

スポンサー リンク