【注目選手】中京大中京・杉浦文哉 祖父は元監督で甲子園通算29勝の名将/「高校野球の指導者」が夢

【注目選手】中京大中京・杉浦文哉 祖父は元監督で甲子園通算29勝の名将/「高校野球の指導者」が夢

2020年のセンバツ甲子園に出場する中京大中京。

杉浦文哉(3年)の祖父である藤文さんは、中京商業(中京大中京)の1番セカンドで59年のセンバツで優勝。

さらには、母校を率いて、66年に春夏連覇するなど甲子園通算29勝の名将である。

その祖父の影響を受けてか、将来の夢は「高校野球の指導者」と掲げる。

地元中日ドラゴンズファン、好きな野球選手は「荒木雅博」の名をあげる。



杉浦文哉(中京大中京)プロフィール・出身・経歴

読み方:すぎうらふみや
誕生日:2002年5月9日
50mタイム:6.1秒
出身中学:名古屋市立志段味中学校
所属チーム:野球部
趣味:映画鑑賞
好きな野球選手:荒木雅博
好きな球団:中日
将来の夢:高校野球の指導者
好きな食べ物:焼肉
苦手な食べ物:人参
好きなタレント:本田真凛
ニックネーム:ふみ
秋の打率:.600
秋の本塁打:0

▶︎センバツ注目選手100人リスト一覧
▶︎組み合わせ日程・大会スケジュール
▶︎甲子園周辺ホテル予約 ▶︎チケット情報
▶︎センバツ出場校メンバー一覧(出身など)

スポンサー リンク