【進路】堀裕貴(高岡商業)は名城大学へ進学|高校時代エピソード【ムキムキ二刀流で活躍】

【進路】堀裕貴(高岡商業)は名城大学へ進学【ムキムキ二刀流で活躍】

2019年の夏の甲子園出場を果たした高岡商業・堀裕貴は、2020年春に名城大学へと進学する。

以下では、主に高校時代におけるエピソード等を紹介する。



《高校時代のエピソード》

◉遠投110mの強肩を持ち、主に外野手を務めた。投手としては最速140キロ台半ばの速球を誇り、「二刀流」として活躍。2019夏の富山大会前までに、高校通算本塁打は19本をマーク。

◉高校時代の握力は、右68キロ、左62キロを記録。チームトップのパワーを誇り、筋肉はムキムキだった。

◉特技はスキー、好きな言葉は「豪快」

《プロフィール/誕生日・出身ほか》

堀裕貴(ほり・ゆうき)
誕生日:2002年3月5日
出身:富山県
球歴:小学1年から野球を始め、大門JBCに所属。
投打:右投左打
家族:祖父母、両親、兄。

スポンサー リンク