【注目打者】大阪桐蔭・西野力矢、1年生スラッガー!あだ名は「ごんちゃん」

大阪桐蔭・西野力矢、1年生スラッガー!あだ名は「ごんちゃん」

大阪桐蔭の1年生に大型スラッガーが入部した。

彼の名は「ごんちゃん」こと、西野力矢だ。

おかわり君2世として今後大きな注目を集めるだろう。

和歌山県紀の川市出身で、中学時代は南大阪ベースボールクラブに在籍。

通算35本塁打を放った右の長距離砲だ。

2018年の夏のベンチ入りはしなかったが、夏の大阪大会直前の東海大相模との練習試合では、西谷監督が長距離打者としての期待から西野を起用。しかし、結果は3三振。

愛称は「ゴンちゃん」、その由来

NHK教育テレビで放送されていた「できるかな」のぬいぐるみキャラクター「ゴン太くん」に似ていることから名付けられたという。

言葉は話さずに熱演した「ゴン太くん」と同じように、西野もふだんは物静かだが、バットを持つと大暴れする存在だ。

「スポンサーリンク」

藤原恭大が「わかいくて仕方ない」と

高校野球芸人のかみじょうさんによれば

「チーム内でもかわいがられているそうですよ。藤原恭大選手のお父さんにお聞きしたのですが、藤原選手は西野選手のことがかわいくて仕方ないそうで。かわいらしい見た目とは違い、パワーはすごいそうです。藤原選手は3年生の中で一番飛ばしていたそうですが、藤原選手はお父さんに「パワーだけなら僕より上」と言っていたそうですよ。」

「スポンサーリンク」

入学後、半年で12キロも減

西野の身長は180センチ、86キロ。

しかし、高校入学時の体重は98キロ。

この約半年で12キロも減量した。

「(練習の)きつさとか全然違いました」

とその理由を語る。

「スポンサーリンク」

夏の甲子園優勝のグランドにごんちゃんはいた

今夏の甲子園はボールボーイとして、先輩たちの雄姿をスタンドよりも近い距離で見つめた。

夏の甲子園で優勝を決められた時、根尾昂や青木大地に「優勝盾」を持ってみろと言われたのか、笑顔で抱えるごんちゃん。そして、優勝旗を眺めるごんちゃん。今度、彼が自らの力でこの優勝旗・優勝盾をつかみとることになるか。いかに。


「スポンサーリンク」

公式戦初打席で2ラン本塁打、さらに満塁ホームラン!

2018年9月15日(土)堺工科 戦

公式戦初出場・初打席で2ランホームラン!

続く打席でも満塁ホームラン!

中野主将世代に切り替わった新生・大阪桐蔭の初戦・堺工科戦は17-0の5回コールドで勝利。

ごんちゃんは、この日、2本のホームランを放ち、これで高校通算本塁打数は9本に。

試合後、「まだまだ技術的には足りない。1年生なのでがむしゃらに思い切ってやるだけです」とコメントした。

西谷監督も「軸を打ってもらいたいと思っている。まだ1年生なので伸び伸びやってくれています」と期待をかける。



「スポンサーリンク」

金光大阪戦では西野が2ラン


「スポンサーリンク」

西野力矢のプロフィール・出身

  • にしの・りきや
  • 2002年9月11日生まれ
  • 和歌山・紀の川市出身
  • 中学は、硬式の「南大阪ベースボールクラブ」でプレー。
  • 中学時代は通算35本塁打を放った逸材
  • 第100回大会の夏の甲子園ではボールボーイを務めた。
  • 愛称は「ごんちゃん」
  • 180センチ、86キロ
  • 右投右打
  • 社会人ミキハウス捕手の兄・詠吉(19)。

スポンサー リンク