【進路】渡辺拓海(酒田南)は東日本国際大学へ進学|高校時代エピソード【ジャンボの異名】

【進路】渡辺拓海(酒田南)は東日本国際大学へ進学【ジャンボの異名】

「東北のジャンボ」こと酒田南・渡辺拓海(投手)は、2020年春に東日本国際大学へと進学する。以下では、主に高校時代におけるエピソード等を紹介する。



《高校時代のエピソード》

◉ジャンボという愛称で、東北地区で名を馳せた右腕本格投手。

◉高校2年時で、身長191cm、体重110キロ。高校入学時は125キロも、「100キロを切らないとエースはない」という鈴木剛監督のゲキに体を絞ったことがある。

◉ちなみに生まれた時の体重は、4020グラム。中2の冬に100キロを超える。

◉小学校時代は、体格をいかし、わんぱく相撲でも活躍。しこ名は、横綱・白鵬にあやかり「拓鵬」。東北大会8強の実績を持ち「四股踏み、股割で鍛えた下半身が今となっては生きている」と当時コメントしている。

◉好きな食べ物は「カレーライスと唐揚げ」と言い、「毎日1リットルパック2本くらい飲んでいた」(父)と、牛乳でたくましく育った。

◉朝暘第四小3年時に野球を始める。鶴岡四中では軟式野球部で、硬式の鶴岡ドリームスにも所属。酒田南では1年春からベンチ入り、18秋から背番号1でエース。



《プロフィール/誕生日・出身ほか》

渡辺拓海(わたなべ・たくみ)のプロフィール
誕生日:2001年7月16日生まれ
出身:山形・鶴岡市出身
投打:右投げ右打ち
家族:両親と兄

スポンサー リンク