【試合結果】米子東(鳥取) 10-8 盈進(広島) 延長11回 準々決勝 2020年秋季中国大会

【試合結果】米子東(鳥取) 10-8 盈進(広島) 延長11回 準々決勝 2020年秋季中国大会

2020年の高校野球・秋季中国大会の準々決勝は、米子東が盈進との大熱戦を、立正大淞南戦に続き2試合連続の延長戦で制した。

試合は両チームともに譲らぬ試合展開となった。

まず先制したのは盈進。1回裏、4番・朝生と6番・矢田貝のタイムリーで2点を先制。すぐさま米子東は2回表、この日先発の5番・エース舩木がレフトへソロ本塁打を放ち1点を返す。さらに3回表、米子東は2連打と犠打でチャンスと作ると、3番・藪本の2点タイムリーで3-2と逆転する。

しかし盈進は3回裏、2連打と相手失策で1点を挙げ、3-3の同点とする。米子東は4回表に8番・舩木(捕手)のタイムリーで4-3と再びリードするが、すぐさま盈進は4回裏に3番・森岡のタイムリーで4-4の同点に追いつく。

米子東は5回表、6番・津田の安打と7番・岡本の犠牲フライで2点を挙げ、再び6-4と勝ち越す。しかし盈進は、6回裏に3番・森岡と4番・朝生の連続タイムリーで再び同点に追いつくと、6番・矢田貝のタイムリーで7-6と逆転に成功する。その後、米子東は8回表に1番・中本のタイムリーで1点を挙げ、7-7。

そのまま試合は延長戦に入り、米子東が延長10回表に1点を勝ち越すも、10回裏に盈進は2死から5番・平田の2塁打で同点に追いつく。

延長11回表、米子東は6番・津田の犠牲フライと失策で2点を勝ち越し、これが決勝点に。

盈進は敗れたものの、前回の関西戦では延長13回タイブレークで勝ち上がるなど、今大会は2試合連続で粘りのある白熱した試合を繰り広げた。

10月25日(日) 準々決勝
米子東(鳥1) 10-8 盈進(広2)(延長11回)(浜)
米子東|012|120|010|120=10 
盈進|201|103|000|100=8
——————————————————–
(米子東)舩木佑、岡本、山崎、舩木佑―舩木洸
(盈進)松井、佐々木―畠山
・本塁打:舩木佑(米子東)
・2塁打:舩木佑2、中本(米子東)森岡、矢田貝、平田(盈進)

スポンサー リンク